« バッハ リュート組曲 BWV1006A | Main | そろそろ桜の万博公園 »

April 01, 2011

フンパーディンク 「ヘンゼルとグレーテル」序曲

Humpedinckハインツ・ワルベルクの指揮、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団の演奏。子供のためのと称されたハイライト版が安かったので昨年の11月に注文したのに入荷は今年の3月で、クリスマスでのエントリーに完璧に失敗したものです(笑)。もちろん序曲だけではなくハイライト板で聴いていても幸せな気持ちになれる楽しいCDです。お父さん役がヘルマン・プライ、魔女はエッダ・モッザと歌手陣も豪華。ワルベルクという人はポピュラー名曲のイメージが強いのですがもちろん豊富な歌劇場での経験を持っているのでこういう曲は安心して聴くことができます。ドロドロとした男女の愛憎オペラがあまり好きでない私はこういうのが合っていますnote。親しみやすい歌がいっぱいだしヘルマン・プライが相変わらず上手。
  
  
宮殿の庭  7月だったので日差しが相当強かったsun

Pict0042s_3

  
Pict0041s


|

« バッハ リュート組曲 BWV1006A | Main | そろそろ桜の万博公園 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

リベラ33さん
ありがとうございます。
デートの件、ダンナに知られないように伝えておきますcoldsweats01

Posted by: よし | April 02, 2011 at 02:48 PM

narkejpさん
古いネガを整理していてあらためて惚れ直した次第です(笑)。
お金の無い時に無理して行ったのですが、結果良い思い出が出来たと思います。

Posted by: よし | April 02, 2011 at 02:45 PM

奥様素敵ですね。ご主人にナイショで今度デートを申し込みたいと思います。上本町でいかがでしょうか?

Posted by: リベラ33 | April 02, 2011 at 02:00 AM

宮殿よりも花よりも、ステキな奥様に目が行きます、とお伝えください(^o^)/

Posted by: narkejp | April 01, 2011 at 09:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バッハ リュート組曲 BWV1006A | Main | そろそろ桜の万博公園 »