« ストラヴィンスキー 春の祭典 | Main | シューマン 蝶々 Op.2 »

April 14, 2011

オルフ カルミナ・ブラーナ

Orffレヴァインの指揮、シカゴ交響楽団・合唱団、グレン・エリン児童合唱団、その他独唱者による演奏。10年ほど眠っていたCDですが久しぶりに聴くとそのエネルギーの凄まじさに元気が出ます。どことなく日本の曲みたいだし。これも久しぶりにNS1000Mで聴いたのでガツンと引っ叩くバスドラムの響きが半端じゃなかったnote。昔はまじめに日本版のCDを買っていたので対訳があるのがうれしいけどあまり見ずに聴いているなぁcoldsweats01。この曲はヨッフムのが人気のようですが買いに言ったショップではこれしかなくてまあレヴァインだから買っちゃいました。この時期に聴くのに最適な音楽ですね。
  
 
万博公園ではポピー祭りなんですがあまりいい写真は撮れなかった。
  
P1000825s
  
途中にあるこういった林の雰囲気が好き。

P1000814s
   
相変わらず変わった物も置いてあります。
  
 P1000832s
  
自然と親しむということでお米を作っているそうですがまだ若い稲の緑がきれい。
  
P1000833s
  
まだまだチューリップが満開なので女性カメラマンもがんばっていました。
  
P1000803s


|

« ストラヴィンスキー 春の祭典 | Main | シューマン 蝶々 Op.2 »

「声楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ストラヴィンスキー 春の祭典 | Main | シューマン 蝶々 Op.2 »