« バッハ カンタータ BWV150 「主よ、我汝を焦がれ望む」 | Main | デジカメの予備バッテリー »

April 24, 2011

ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲 ハ長調 Op.61

Dvorak_sq11シュターミツ四重奏団の演奏。1990年プラハでの録音。先週から風邪気味のためか何となくしんどいので静かに聴ける曲を選びました。ドヴォルザーク特有の民族的要素はあまり入っておらず、かなり上品な印象ですが弦楽四重奏曲として見事な構成だと思います。とにかく各楽器のバランスとメリハリがすばらしいので40分ほどの長さでも飽きることなく集中して聴けました。私、編成の少ない曲やメリハリの少ない曲は結構飽きることが多いのですcoldsweats01。ドヴォルザークのいい意味での職人的な技が聴ける佳曲です。演奏は少し線が細いけれど心のこもった暖かいものです。
 

  
連休は奥さんの実家に行くのですが長男も合流できることになりラッキーheart01。でも昨日は1週間前の航空券の手配に必死でしたairplane


Img_0472s
  

|

« バッハ カンタータ BWV150 「主よ、我汝を焦がれ望む」 | Main | デジカメの予備バッテリー »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バッハ カンタータ BWV150 「主よ、我汝を焦がれ望む」 | Main | デジカメの予備バッテリー »