« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番 KV216 | Main | プロコフィエフ 交響曲第6番 op.111 »

April 07, 2011

シューマン ヴァイオリンのための幻想曲 ハ長調 Op.131

Schumann_fantクレーメルのヴァイオリン、ワルベルクの指揮、ウィーン交響楽団の演奏。1978年の録音。シューマン大全集から。15分足らずの曲で楽章の切り分けも無いので迷ったけれど一応協奏曲のジャンルに入れました。暗いけれどシューマンムードたっぷりの開始の後に続くヴァイオリンの美しさに圧倒されますnote。特に最高域での音色はすばらしいの一言。31歳のクレーメル恐るべし。シューマン晩年の曲にしては明るく親しみやすいのでもっと人気が出てもいいんじゃないでしょうか。ワルベルクとウィーン饗はヴァイオリンを引き立てる役割ですが十分に雰囲気を出す演奏をしています。この指揮者も交響楽団ももっと評価されても良いと思いますね。
    
  
桜のシーズンですが若々しい新緑の美しさも楽しみです。
  
Expo1
   
 
Expo2

|

« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番 KV216 | Main | プロコフィエフ 交響曲第6番 op.111 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番 KV216 | Main | プロコフィエフ 交響曲第6番 op.111 »