« ベルク 交響組曲「ルル」からアダージヨ | Main | ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第3番ヘ長調 Op.73 »

April 20, 2011

ハイドン 交響曲第102番

Haydon102ジェーン・グラヴァーの指揮、ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団の演奏。1994年の録音。ロイヤル・フィルBOX第2弾から。このBOXセットはとてもクオリティが高く、30枚どれも当たり外れがありません。102番はロンドンセットの中でも有名曲に挟まれ人気が無いみたいですが、どうしてなかなかチャーミングな佳曲です。バーンスタインやカラヤンの録音も聴いたのですがもう1つなのでこの演奏をセレクトしました。女性らしい穏やかな表現ですが、気品とハイドンに欠かせないユーモアもあって申し分ありませんnote。例のアダム・フィッシャーの全集も活発な演奏でリファレンスとしてはこちらでしょうか。ちなみに96番に付けられていた「奇蹟」というニックネームは現在この102番だそうです。アダム・フィッシャー全集ではそうなっています。
  
 
庭の八重桜の花も育ってきました。
ixyの写りはもう1つですが手軽で便利camera

  
Niwa1104201
  


Niwa1104202


|

« ベルク 交響組曲「ルル」からアダージヨ | Main | ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第3番ヘ長調 Op.73 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベルク 交響組曲「ルル」からアダージヨ | Main | ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第3番ヘ長調 Op.73 »