« マーラー 交響曲第9番ニ長調 | Main | ハイドン 交響曲第94番ト長調 「驚愕」 »

March 01, 2011

ベートーヴェン 序曲「コリオラン」ハ短調

Coriolanダニエル・ハーディングの指揮、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の演奏。1999年の録音。俊英ハーディング24歳のときの録音。小学館のベートーヴェンシリーズの中の1枚でラトルとウィーンフィルの「英雄」と一緒に収められているものです。カンマーフィルは昨年来日して大評判になりましたがこのCDでもノンビブラートの弦をはじめ菅も打楽器も固い響きで一貫してそれはまた独特の新鮮な演奏となっています。同様なアプローチのジンマンと聴き比べたのですがジンマンのほうがずっとオーソドックスに聴こえます(笑)。若くて突出していると思っていたラトルももう56歳。次代を担う若きエースの誕生を感じます。


   
これは買ってきたバラ 手持ちなのでビミョーにブレがcoldsweats01
クリック→大
   
Img_1419m

|

« マーラー 交響曲第9番ニ長調 | Main | ハイドン 交響曲第94番ト長調 「驚愕」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マーラー 交響曲第9番ニ長調 | Main | ハイドン 交響曲第94番ト長調 「驚愕」 »