« 胃カメラな日 | Main | Mozart 「Voi che sapete」 KV 493B-6 »

March 25, 2011

シチェドリン カルメン組曲

   
  ブログタイトルが変わりました
 

Carmenテオドレ・クチャルの指揮、ウクライナ国立交響楽団の演奏。1994年4月ウクライナのキエフでの録音。ビゼーの原曲をバレー用に編曲したものでフィギュア・スケートの音楽としても使われます。私の覚えているのはかつての東独のカタリナ・ビット選手ですが最近では日本人の男性選手が使ったそうです。楽器編成に管楽器を入れず弦と各種の打楽器で演奏するので原曲と違ってドラマティックで迫力があり結構楽しめます。シチェドリンはこの曲を作曲する9年前に名バレリーナのマイヤ・プリセツカヤと結婚しているので当然奥様の踊りが念頭にあったのでしょうねheart04。演奏はいつも元気なウクライナのオケなので文句はありませんが終局の辺りはチト張り切り過ぎかもcoldsweats01
  
  
P1000747s_2


   


|

« 胃カメラな日 | Main | Mozart 「Voi che sapete」 KV 493B-6 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 胃カメラな日 | Main | Mozart 「Voi che sapete」 KV 493B-6 »