« バッハ 「主よ、人の望みの喜びよ」 | Main | ブログタイトル変更のお知らせ »

March 21, 2011

コレッリ ヴァイオリンソナタ Op.5 「フォリア」

Corelli_foliaレミー・ボーデのヴァイオリン、ヤープ・テル・リンデンのチェロ、ピーター=ヤン・ベルダーのハープシコードで。コレッリの12番目のバイオリンソナタだけど「フォリア」または「ラ・フォリア」の名前で有名。フォリアには狂気というような意味があって昔は騒々しい舞曲だったそうですが、コレッリのおかげでしっとりとした曲のイメージが定着したようです。11分足らずの曲ですが変奏曲形式でちょっと悲しげな主題も親しみやすい佳曲ですねnote。丁寧な演奏もgood!


奥さんは草津の帰り道に仲間と京都に寄って10キロ以上も歩いたとかでクタクタで帰ってきました。「伊勢丹でも清水さんでも人がいっぱいよ」って3連休の中日の京都だから混んで当たり前やんか、と言いつつもすぐに風呂を沸かしましたheart02
  
琵琶湖をはさんで対岸は大津京そして比叡の山並み。
  
0011s


|

« バッハ 「主よ、人の望みの喜びよ」 | Main | ブログタイトル変更のお知らせ »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

懐かしい同窓会で萩の友達は京土産の確保に奔走したみたいですcoldsweats01
「おとーさん、お風呂入りたーい」「へーい」てなやり取りでしたheart
京都もですが琵琶湖東岸は今歴史ドラマの舞台で大人気です。

Posted by: よし | March 21, 2011 at 09:13 PM

疲れたときのお風呂は、最高ですね。なによりのプレゼントでしょう。京都にも、また行ってみたいものです。

Posted by: narkejp | March 21, 2011 at 07:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バッハ 「主よ、人の望みの喜びよ」 | Main | ブログタイトル変更のお知らせ »