« ベートーヴェン 交響曲第2番(リスト編) | Main | リスト ソナタ ロ短調 »

February 05, 2011

白鳥の湖

Swanlake_2マイケル・ティルソン・トーマスの指揮、ロンドン交響楽団の演奏。このコンビは2回目の登場ですが全曲版はこのCDしか無いので悪しからず。演奏はこの指揮者特有のとってもノーブルな演奏でロンドン饗も上手なので何の文句はありません。さて、このスーパー有名曲ですが例の「探偵アマデウス」の録画を見ていたらまたまた目からうろこが・・・・。
誰でも知っている白鳥(オデット)のテーマはロ短調なんだそうです。ロ短調といえばバッハのロ短調ミサ以来「清楚・受難の調」として受け入れられているそうで、なるほどかわいそうな白鳥にピッタリ。そして悪魔ロットバルトが差し向けた黒鳥オディールのテーマはまったく同じ旋律ながら調性がロ短調から最も離れたヘ短調に設定され高い音域でヒステリックに演奏されます。そして最後の結構派手なフィナーレはロ長調となり、愛の勝利をトランペットが奏でるのですが同時に葬礼で用いるタムタムも鳴っているという按配。死をもって愛で結ばれるという悲しい結末まですばらしい音楽で表現したチャイコフスキーはさすがですね。


暖かかったので久方ぶりに万博公園に行きました。
IXYは小さくてポケットにも入るのでバッグが要らず便利だけど写りはまあまあ。

   
002s

     

008s


梅はまだチラホラ咲き
    
013s


|

« ベートーヴェン 交響曲第2番(リスト編) | Main | リスト ソナタ ロ短調 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

バラードさん
調性で曲の趣が変わるというのも興味深いですね。
大阪も今日の最高気温14℃ですが2月中にはもう1度冷え込んで雪が降りそれから春ですね。

テレビや新聞もキャンプ情報が出てきました。
今年もまた熱いシーズンになりそうですね。

Posted by: よし | February 06, 2011 at 12:00 PM

ロ短調といえばショパンの3番ソナタやリストのソナタも同じ調性ですね。
深みがあって、短調の中ではロ短調が一番好きです。

こちらは今日からぐっと気温が上がりました。
(これまで最高気温がマイナス5℃だったのに一夜にしてプラス10℃にsun
梅に続いて桃、そして桜が咲く頃には野球のシーズンも開幕ですね~baseball

Posted by: バラード | February 05, 2011 at 11:31 PM

よしだこたさん
今日は薄曇でお散歩にも撮影にも絶好の日和でしたhappy01
梅はまだまだでしたが雰囲気は十分味わえましたよ。
これからいい季節ですねcamera

Posted by: よし | February 05, 2011 at 08:51 PM

こんばんは^^
万博公園行ってこられたのですねー今日はぬくたい一日でしたね^-^

私もまた写真を撮りに行きたいと思ってます。
明日は林道に今年初のツーリングです!
お供はμタフです!

Posted by: よしだこた。 | February 05, 2011 at 06:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベートーヴェン 交響曲第2番(リスト編) | Main | リスト ソナタ ロ短調 »