« 筆墨精神展 | Main | シューマン 交響曲第4番ニ短調 Op.120 »

January 19, 2011

お針ガール

Cyclamen3_200x150電車の中で小物を縫っている若い女性を見ました。針と糸で細長い布の縁どりをしているのですが、その慣れた手つきにしばし見とれてしまったのです。今の若い女性が針を使うことも珍しいし、それが空いていたにせよ電車の中ですからね。糸が無くなるとこれもお手製らしいしゃれた裁縫袋から糸と小さなはさみをを取り出し針に通して黙々と続けていきます。こういう光景を見ると私は「まいった」と思うんですよ。私の小学校時代は男も縫い物や編み物をさせられましたから一応は出来るのですが、男はどうしても「仕事」と捉えて肩に力が入るのに女性は呼吸をするがごとく進めていくように思えるんです。でも私が知らないだけで若い女性もフツーにお針仕事をしているのでしょうかね。

|

« 筆墨精神展 | Main | シューマン 交響曲第4番ニ短調 Op.120 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 筆墨精神展 | Main | シューマン 交響曲第4番ニ短調 Op.120 »