« モーツァルト ホルン協奏曲第1番 ニ長調 K412 | Main | 筆墨精神展 »

January 15, 2011

ブルックナー 交響曲第6番イ長調

Bruckner_roegnerハインツ・レーグナーの指揮、ベルリン放送交響楽団の演奏。原典版です。1981年頃の録音。シャルプラッテンのレーグナーBOXから。実はこのBOXセットは家で聴く機会も無いので最近車の中で聴いているのですが、この6番まで来て「あれっ」と思った次第。2楽章などこんなに美しい曲だったのかな。家で改めて聴き直してみると、レーグナーの重苦しくない爽やか系の指揮がとてもいいしそれほどスーパーでもないオケの響きも美しい。弦楽器が呼吸をするがごとくフレーズの最後まできれいに弾ききりその上を金管が鳴り響くといった立体感がすばらしいですねnote。ドイツの地方や旧東独系だったオーケストラのまろやかな響きは特にブルックナーに合うのでしょう。レーグナーはシューベルトの9番なども良かったのですがこのブルックナーを聴いて再認識しました。いやいや良いセットを買っていたものですheart04

|

« モーツァルト ホルン協奏曲第1番 ニ長調 K412 | Main | 筆墨精神展 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト ホルン協奏曲第1番 ニ長調 K412 | Main | 筆墨精神展 »