« マーラー 交響曲第3番 | Main | ドヴォルザーク 交響曲第3番 »

December 17, 2010

シューベルト 交響曲第3番ニ長調 D200

カラヤン、ベルリンフィルの演奏。1977-1978の録音。シューベルトの初期の交響曲をカラヤンがベルリンフィルと共に豪壮に仕上げています。「らしさ」にこだわれば文句もあるんでしょうが、シューベルトのこれだけ立派な演奏はめったに聴けるものではないし、いろいろ言われてもカラヤンという人が全力で曲に取り組む姿勢はすごいです。そういう意味では初期の幾分不完全な曲のほうがカラヤンとしても料理しやすかったんでしょうね。3楽章のメヌエットのほのぼの感と元気一杯の終楽章がとても楽しい。
カラヤンが元気だったころの良い遺産でもあります。


クリック → 大

P1000676m


|

« マーラー 交響曲第3番 | Main | ドヴォルザーク 交響曲第3番 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マーラー 交響曲第3番 | Main | ドヴォルザーク 交響曲第3番 »