« ドヴォルザーク 交響曲第3番 | Main | オネゲル 交響曲第3番「典礼風」 »

December 19, 2010

ブルックナー 交響曲第3番ニ短調

Bruckner_wandギュンター・ヴァント、ケルン放送交響楽団の演奏。1981年の録音。元N饗の鶴我さんの本によると極めてオーソドックスなアプローチできっちりと曲を仕上げる方だそうですが、混濁した響きが無くすっきりとしたリズムの明白なブルックナーを聴くと、さもありなんと思います。ケルン放送饗もフォンクのときと違って幾分シャープな音がしています。

私はこういうけれんみの無い演奏が大好きnote


小掃除
さすがに年末が近くなり、まずは机の周りを掃除しましたが、2台のモニターやスピーカー、ケーブル類などやりだすときりがありません。パソコンを拭いているとFDDの前面にほこりが一杯詰まっていたので結局掃除機で吸い取りました。7年間使わなかったらこうなるんですね。次の週末に引き出しの中を掃除します。

|

« ドヴォルザーク 交響曲第3番 | Main | オネゲル 交響曲第3番「典礼風」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドヴォルザーク 交響曲第3番 | Main | オネゲル 交響曲第3番「典礼風」 »