« マーラー 交響曲第10番(クック版) | Main | よいお年を »

December 30, 2010

2010年私の名演集

あと1日で今年も終わり。
今年聴いた音楽で記憶に残ったものを挙げてみます。

1.ヴァントとケルン放送饗のブルックナー全集
ヴァントのおかげでブルックナーの良さが初めて分かったみたい。特にケルン放送饗の柔らかい弦の響きに参りました。

2.キーシンのショパンアルバム(5CD)
1993年から2004年にかけての録音。まあキーシン様の髪は別としてとにかくすばらしい演奏です。

3.マッケラス、ウィーンフィルのヤナーチェックオペラ集
マッケラスの棒の元、ウィーンフィルが鮮烈かつ美しい演奏を繰り広げてヤナーチェックの不思議な音の世界に浸れます。

4.シューマン 交響曲第4番
カラヤンがシュターツカペレ・ドレスデンを指揮した演奏。1972年8月13日のザルツブルグ音楽祭での録音。ClassicJapanで聴いたものですが、これまで聴いた4番の最高の演奏でしょう。

5.ショスタコーヴィチ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」
チョン・ミュン・フンとバスティーユ歌劇場のオケがいわくつきのオペラを凄まじい迫力で聴かせてくれました。

6.ミカラ・ペトリのリコーダー・アルバム
リコーダーがこんなにも多彩な表現力を持つことを認識させてくれた演奏に拍手。

7.シューマン チェロ協奏曲
フォンク、ケルン放送饗、モルクの演奏。ここでもケルン放送饗がすばらしい。
フォンクとケルンのシューマン交響曲を発注しています。

思いつくまま書いたので最近のエントリーが多くなっていますが、今年前半はカメラを持って外出が多く、夏場は暑さでダウン、秋以降にたくさんCDを聴いたからでしょうね。


干支の交代

あと1日で虎から兎へと交代 (お隣の奥さんの手作りです)。
心なしかトラに元気が無いように見えますね・・baseball

Img_1369s


|

« マーラー 交響曲第10番(クック版) | Main | よいお年を »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

ハリアー黒さん
なかなか渋い演奏ばかりですね。
実演でもすばらしい演奏を聴かれたとはうらやましいです。
実はテンシュテットのCDは1枚も持っていないの次回の購入参考にさせていただきます。
今年もよろしくお願いします。

Posted by: よし | January 17, 2011 at 05:38 PM

おそくなりましたが、謹賀新年
本年もよろしくお願いいたします。

年末に所沢でコンスタンチン・リフシッツのゴルトベルクを聴きました。
同じプログラムを紀尾井ホールで聴いたのが12年ほど前ですから、本当に久しぶり。
紀尾井ホールでは2階からでしたが、今回は正面5列目。
まだ若いとはいえ、彼も相応に年をとりました。
ピアノの残響を意識してつなぐリフシッツのゴルトベルクは、まさに草書体の趣があります。
10代で録音したCDを聴いても実感しましたが、実演を聴くとなおさらです。
あのゴルトベルクは、世界でも5指に入るんじゃないかなぁ…と思っています。

2010年印象に残るディスクでは、秋に出たテンシュテット&BPOのLIVEシリーズを挙げたいです。
テンシュテットは強烈なストレートを繰り出す剛腕指揮者のイメージですが、モーツァルトの伴奏などは繊細な優しさも感じさせる。
まぁ剛腕というとフルトヴェングラーやミンシュの面影を探しがちですが、より現代的かな…
マーラーもロンドン・フィルとの2番、VPOとの10番とほぼ決定盤的なディスクが出たと思います。

次点はレコードアカデミー賞を受賞したメジューエワのショパン夜想曲。
あざとさのないクリアな弾き方が心に染みいりました。

Posted by: ハリアー黒 | January 17, 2011 at 12:51 PM

バラードさん
私はショパンはこのキーシンアルバムでほぼ十分です。ルービンシュタインとは対極の演奏ですがこういう硬質の演奏好きです。観客のマナーも良いし(笑)。

トラといえば矢野さん民放に出ていましたね。
来年は解説を聞けるかもしれませんhappy01

Posted by: よし | December 31, 2010 at 09:37 AM

おお、キーシンが2位、阪神と同じだなんてshine

トラさん、確かに元気がないですね~。
甲子園のトラには来年頑張ってもらいましょう。

来年の干支はウサギですが、野球はトラ年になりますように♪

Posted by: バラード | December 31, 2010 at 01:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マーラー 交響曲第10番(クック版) | Main | よいお年を »