« ショスタコーヴィチ ムツェンスク郡のマクベス夫人 | Main | 女性機長? »

November 13, 2010

プッチーニ ジャンニ・スキッキ

Puccini_gianni_sマゼールの指揮、ロンドン交響楽団の演奏。ジャンニ・スキッキにティト・ゴッピ、ラウレッタにイレアナ・コトルバス、リヌッチオにはドミンゴというほぼ完璧な歌手陣です。1977年の録音。ロンドン饗のオペラというのも珍しいと思うのですがマゼールの全盛期なのでオケのバックアップは最高だし録音も秀逸ですnote。前回の「マクベス夫人」では4人も死んで陰惨さは格別でしたが今回は喜劇ということもあって全編に漂うのほのぼの感が快いです。内容が内容なのでダイナミックな展開は無いけれどこういう場合のプッチーニの作曲は神経が細かくて決して歌を圧倒せず逆に歌いやすいように流れていくオーケストレーション技法に感心します。ゴッピのジャンニは貫禄充分で文句なしですが有名な「私のお父さん」でのコトルバスは少しこってりしすぎかな。1時間足らずですがこういう雰囲気のあるオペラは大好きheart04

|

« ショスタコーヴィチ ムツェンスク郡のマクベス夫人 | Main | 女性機長? »

「オペラ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ショスタコーヴィチ ムツェンスク郡のマクベス夫人 | Main | 女性機長? »