« 東京へ | Main | ハイドン 交響曲第68番 »

November 06, 2010

バルトーク 弦楽のためのディヴェルティメント

Prokofiev_barshai2日に亡くなったルドルフ・バルシャイ氏の追悼曲です。モスクワ室内管弦楽団との演奏。1962年の録音。このコンビが事実上日本でメディアデビューした記念の曲ですが余計なものをそぎ落とし且つ重量感のある見事な演奏と当時のデッカの目の覚めるような録音に圧倒されたのを覚えていますnote。バルシャイはショスタコヴィッチの最良の理解者ではありますがこうして聴くともっとバルトークも録音して欲しかったと思います。

さて、東京へ行って息子達に会った後はやはりというか東京見物と相成りました。まずは東京タワー、国会議事堂、皇居と完璧なはとバスコースですよcoldsweats01。でも品川からタクシーで周ると意外に早くて便利でした。
いや、若い時は仕事でしょっちゅう来てたんですがすぐに営業担当に車に乗せられ仕事が終わるとさっさと東京駅へ帰されるので観光どころではなかったです。

真下まで来たのは2回目くらいですがやはり東京タワーは美しいと思います。

P1000582s

|

« 東京へ | Main | ハイドン 交響曲第68番 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東京へ | Main | ハイドン 交響曲第68番 »