« ハイドン 交響曲第78番 | Main | 楽器の音色 »

November 30, 2010

ワーグナー 楽劇「ジークフリート」

ジェイムズ・レヴァインの指揮、メトロポリタン歌劇場の演奏。当然歌手も大勢なんですがジェシー・ノーマンとキャスリ-ン・バトルで代表して以下省略。ごめんなさい。2年前にiTunesで購入したものですが「指輪」を全部14時間をを聴くのは容易なことではありません。でも今回なんとなく聴き出したらこれが結構面白かった。ワーグナーはライトモチーフが明白なので、鍛冶のシーンだとか大蛇ファーフナーが出たとかCDでもよく分かるのです。配役が不明だったんですが案の定というべきか小鳥はキャスリーン・バトルでした。彼女の声はぴったりですねheart04。なんて言っておりますが「森のささやき」辺りが済んで聴き終ったのはまだ半部位でしょうか。このシリーズは録音もよくて楽しめますnote


京都の写真をボツボツ整理しています。これは東福寺

Img_1268s_460x307


|

« ハイドン 交響曲第78番 | Main | 楽器の音色 »

「オペラ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハイドン 交響曲第78番 | Main | 楽器の音色 »