« 東京ハオチー | Main | プッチーニ ジャンニ・スキッキ »

November 11, 2010

ショスタコーヴィチ ムツェンスク郡のマクベス夫人

Shosta_macbethチョン・ミュンフンの指揮、バスティーユ歌劇場管弦楽団の演奏。多いので歌手のお名前は省略(ゴメン)。ショスタコーヴィチの自信作であり大問題を引き起こしたオペラなのでぜひ聴きたいと思っていたもの。暴力、性、殺人とスターリンが激怒したのもよく分る内容だけど歌詞が分らない輸入盤なので私は長大な声楽付き管弦楽として聴きましたがそれだけでも充分以上の価値があります。若い時期の作曲だけあってオーケストラの扱いもダイナミック且つ斬新だしオケの能力も素晴らしい。チョン・ミュンフンの指揮者としての才能の素晴らしさでしょうね。2ヶ月以上前に買ったCDですが正直2時間以上聴き続けるのはしんどいし私の耳では細かい点に言及できないので記事にするのを控えていたんですがやっと最後まで聴くことができたのでUPします。
また録音もすばらしいのでショスタコ好きな方にはお薦めですnote
ロシア語の分る方なら大歓迎ですheart04


|

« 東京ハオチー | Main | プッチーニ ジャンニ・スキッキ »

「オペラ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東京ハオチー | Main | プッチーニ ジャンニ・スキッキ »