« バルトーク 弦楽のためのディヴェルティメント | Main | 東京あれこれ »

November 07, 2010

ハイドン 交響曲第68番

Haydn68アダム・フィッシャーの指揮、A-HHOの演奏。1997年の録音。ヴィヴァーチェで始まる1楽章やいかにもハイドンといった2楽章のメヌエットそして元気のよい終楽章などハイドンの楽しさ満載の交響曲です。ファゴットをはじめ弦楽器群の扱いもとてもユニークでこの辺りからハイドンがはじけてきたのかなと思います。


東京2日目の最初はまず京急線1本で行ける浅草に決定。
東京の各路線は網の目のようですが地図でも各種の案内も色分けや記号で明確なので迷うことなく進めます。交差点では「とまれ」の文字とちゃんと靴を置く位置まで示されているのがメチャ親切(笑)。となりに4つの肉球マークがあれば犬の散歩でも安心dog

さて、浅草に来てみれば雷門前からスカイツリーが見えました。
これはラッキーheart04。クリック→大

P1000600m


仲見世をブラブラ見てから横道にそれ隅田川に出るとスカイツリーが目の前に。
24mm広角で目一杯の光景です。クリック→大

P1000608m

|

« バルトーク 弦楽のためのディヴェルティメント | Main | 東京あれこれ »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バルトーク 弦楽のためのディヴェルティメント | Main | 東京あれこれ »