« 野菜復活 | Main | ヘンデル リコーダーソナタ ト短調 HWV360 »

October 17, 2010

「阪急電車」

Hankyuベストセラーになった有川浩(ありかわ ひろ)氏の小説が文庫になったので読みました。本屋の平積の中に見当たらなかったので店員さんに「阪急電車はどこですか?」と聞いたらしばらくポカンとして同僚に助けを求めカウンターのそばに並べているのを渡してくれました。確かにそこの本屋から阪急の駅までは遠い(笑)。
阪急電車の宝塚線での車内そして8つの駅で起こる複数(たしか5組)の男女の恋物語なんですが、各駅で乗り降りする間にカップルの話が入れ替わり、反対方向へ向かう電車や駅でまた絡み合うという実に立体的に組み立てられた小説です。このテクニックは素晴らしいの一言ですね。そして映画化決定ということで主役には中谷美紀さん、神戸出身の戸田恵梨香さん(ほとんど同郷)が出るのが楽しみ。というのは神戸弁は大阪弁と少し違って語尾が「お行」になることが多く、「○○している」は「○○しとぉ」、同じように「言うとぉ(ゆうとぉ)」「行っとぉ」「寝とぉ」となります。パキパキっとした大阪弁と比べると「もっちゃり」とした感じですね(笑)。でもNHKの朝の連ドラ「ウエルカメ」での阿波弁が同じだったのでびっくりしました。淡路島経由で伝わったのかな(笑)。あと神戸言葉ならこの沿線で通学したであろう藤原紀香さん、北川景子さん、西のほうになるけれど上野樹里さん、年配の方なら浅野ゆう子さんでしょうか。若い男性ではあまりいないようなので興行成績を上げるために出身は別にしてカッコいいイケメンをいっぱい登場させることです(笑)。映画が上映されたらもちろん見に行きます。

|

« 野菜復活 | Main | ヘンデル リコーダーソナタ ト短調 HWV360 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

よしださん
最初の図書館カップルは爽やかですね。
ただ映画の場合、主人公は少々わけありでないと面白くないのでしょう。
犬のおばあちゃんが事実上ストーリーの中心人物ですね。
しかしこの映画阪神間以外で見に行く人がいるのか心配ですcoldsweats01

Posted by: よし | October 20, 2010 at 02:51 PM

アドレス教えて頂いてありがとうございます。
早速お邪魔させて頂きました^^
阪急電車!私も読みました!
登場人物の台詞がステキで気持ちよかったです。
個人的には最初のカップルと、犬を飼うおばあちゃんが特に素敵でした。
私が宝塚のガーデンに行こうと思ったのも、実は阪急電車の影響だったりして^^;

またブログ読ませていただきますね^^

Posted by: よしだ。 | October 19, 2010 at 11:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 野菜復活 | Main | ヘンデル リコーダーソナタ ト短調 HWV360 »