« 写真展 「ウメップ」へ | Main | 野菜復活 »

October 14, 2010

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 Op.59 No.2「ラズモフスキー」

Beethovensq_op592アルバン・ベルク四重奏団の演奏。1979年4月の録音。全集で買ったこのセットも肝心の「ラズモフスキー」はその重々しい雰囲気に何となく遠慮していたけれど、季節も良くなったので(笑)思いきって聴いてみたんです。で、今まで聴かずに放っていたことを後悔しました。うーん、いまさらながらアルバン・ベルクはすごい!アンサンブル、音色、そして各パートの技術など「さすが」としか言いようが無いです。季節云々というのは事実で今頃の気温・湿度(我が家で24℃、40%程度)は音楽を聴くのに最適なんだと思いますよ。晩年のストラヴィンスキーはベートーヴェンの後期の四重奏曲ばかり聴いて暮らしていたそうですね。


チリの鉱山事故で閉じ込められた皆さんの救出が成功して心からうれしい日でもありました。あの心の強さはチリ国民としても誇りでしょうね。本当によかった。

|

« 写真展 「ウメップ」へ | Main | 野菜復活 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 写真展 「ウメップ」へ | Main | 野菜復活 »