« ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界より」 | Main | 久しぶり »

September 16, 2010

ルクレール ヴァイオリンソナタ No.3 ニ長調

Vn_mwヘンリク・シェリングのヴァイオリン、チャールズ・ライナーのピアノ。クライスラーの編曲版です。1963年の録音。4楽章で10分強という疲れているときに聴くにはとてもありがたい曲です(笑)。クライスラーの編曲で聴くとバロックの古めかしさが少し薄れて親しみやすさが増しますねnote。4楽章のタンブーランは楽しい舞曲ですが1楽章などにはかなり難しそうな重音奏法もあり、さすがに一筋縄ではいかないような編曲になっているようです。


あっという間に涼しくなり慌てて薄い布団を出しました。
ギラギラの陽の下見るのも暑苦しかった朝顔や芙蓉が秋らしく見えるのがありがたい。


Fuyo


|

« ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界より」 | Main | 久しぶり »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界より」 | Main | 久しぶり »