« カズン 「風の街」 | Main | プロコフィエフ 「ロメオとジュリエット」 »

September 08, 2010

ハイドン 交響曲第51番変ロ長調

Haydn51アダム・フィッシャー、A-HHOのハイドンシリーズ。1994年の録音。ニックネームが無いけれどあちこちに仕掛けがあって結構面白い曲です。特に2楽章で2本のホルン(Es管)の1本は最高音まで、もう1本は最低音(ほとんどチューバの音)まで吹かせる試みがあって聴いているほうは楽しいけれど拭く方は大変ですよ(笑)。3楽章は打って変わって軽快なメヌエットで2楽章のホルンの苦労を吹き飛ばすかのようです。

昨日からは台風typhoonの影響で少し涼しくなりました。暑さsunももう一息ですね。

|

« カズン 「風の街」 | Main | プロコフィエフ 「ロメオとジュリエット」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カズン 「風の街」 | Main | プロコフィエフ 「ロメオとジュリエット」 »