« 角島大橋 | Main | ハイドン 交響曲第44番ホ短調 「悲しみ」 »

August 19, 2010

映画「きな子」

見てきました。
案の定泣けました。
主演のおねえさんが悲しくても泣かなかったけど
ワンころ、特にああいう穏やかな中型犬dog
悩んでいる表情だけで泣けてきます。
終わり近くのクライマックスではちょっとヤバかったweep
この映画、犬と人間だけではなく親と子、先生と生徒などにも
当てはまると思います。
ウチのセラも芸の出来ないアホ犬でしたが必要以外吠えず
絶対噛まず、おとなしくお留守番の出来るいい子でした。
ナンバーわんでなくてもオンリーわんで充分ですよhappy01

|

« 角島大橋 | Main | ハイドン 交響曲第44番ホ短調 「悲しみ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 角島大橋 | Main | ハイドン 交響曲第44番ホ短調 「悲しみ」 »