« ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 | Main | 河内のオッサンの唄 »

August 11, 2010

ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲 Op.2

Dvoraksq1シュターミッツ四重奏団の演奏。1990年の録音。さすがに連日の暑さが少しは収まって通年並みになって少しはしのぎやすくなったのがありがたい。最近は在庫特にBOXで購入したものを掘り起こして聴いています。ドヴォルザークの弦楽四重奏曲ですが有名な「アメリカ」が特に好きでもないので初期のものを選んで聴いてみました。今回の曲は弦楽四重奏の第1番ですが、21歳の時の作曲とは思えないほど完成度は高いもので、しっとりとした曲調はドヴォルザークの資質の高さがよく分かりますnote
室内楽をあまり聴かない私ですがこの暑さが幸いして(笑)良い選曲をしたと自負しております。


お盆は次男も帰らないので夫婦で墓参りです。今度の車は小型だけど高速も安定しているし何より高速燃費が抜群。1リットルで20km走った経験は初めてですcar

|

« ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 | Main | 河内のオッサンの唄 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

さすらい人さん
こちらこそ初めまして。
仰るとおりドヴォルザークの弦楽四重奏曲は自然と共に呼吸するような美しさがありますね。
私も時々格調の高い貴HPにお邪魔させていただきます。
よろしくお願いします。

Posted by: よし | August 19, 2010 at 02:04 PM

初めまして!
2か月ほど前から、訪問させていただいております。

ボヘミアの自然と人々の生活が描かれた、いかにも自然人ドヴォルザークらしい素朴で美しい曲ですね!
シュターミッツS.Q.の全集の中でも、際立って素晴らしい演奏のように思います。

これからも時々伺わせていただきますので、よろしくお願いします。

Posted by: さすらい人 | August 19, 2010 at 10:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 | Main | 河内のオッサンの唄 »