« リムスキー=コルサコフ 「シェエラザード」 | Main | 平安神宮で »

August 01, 2010

ハイドン 交響曲第99番 変ホ長調

Haydn99連載(?)しているフィッシャーではなく、カラヤン、ベルリンフィルの演奏。1982年1月のデジタル録音。カラヤン・シンフォニー・エディションのセットから。ハイドンのいわゆるザロモンセットの中でもニックネームは無いしちょっとマイナーな曲だけど、この時期の曲だけあって充分円熟した構成になっています。またハイドンの交響曲でクラリネットが初めて使われ、現在の標準2管編成となっています。初期のデジタル録音のためか音が少しきついのが難点ですが、演奏はカラヤンらしく細部まで目の行き届いたものです。30分強の曲ですが一番長い2楽章のアダージョがとても優美で癒されます note

この暑い時期 sun にはハイドンがお薦めです happy01

|

« リムスキー=コルサコフ 「シェエラザード」 | Main | 平安神宮で »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« リムスキー=コルサコフ 「シェエラザード」 | Main | 平安神宮で »