« ヤナーチェク 組曲「賢い女狐の物語」 | Main | ストラヴィンスキー 「うぐいすの歌」 »

June 03, 2010

ハイドン 交響曲95番

相変わらずClassicJapan漬けです(笑)。フリッツ・ライナー指揮、交響楽団の演奏。覆面楽団だけど実態はニューヨークフィルとかメトロポリタン歌劇場とかのメンバーで構成されたらしい。アンサンブルも良いがオーボエなどのソロ楽器がとても上手。というかこの演奏は101番(110番と違うよ)とともに最大級の賛辞を得ている超有名品なのですnote。しかし、情けないことに私が聴いたのは今回が初めて。で、やっぱりよかった。とにかく気品があるというかこの風格は他を寄せ付けないでしょうね。テンポは遅くいわゆる昔風のスタイルだけど最近の何とか奏法を真似しただけのぎすぎすした演奏など2度と聴く気がしません。
いや、ブリュッヘンなどの本格派は別ですよ。
ということで毎日名演奏三昧を楽しんでおりますheart01

camera  camera  camera  camera  camera  camera  camera  camera


相変わらず木々の写真。でもあきません(飽きないほうネ)。 by LX-3

P1000362s


baseball  baseball  baseball  baseball  baseball  baseball  baseball  baseball

昨日は9回裏から座る場所を変えたらトニ谷、いや鳥谷が出て即大和が盗塁、15分後にバンザイhappy01


|

« ヤナーチェク 組曲「賢い女狐の物語」 | Main | ストラヴィンスキー 「うぐいすの歌」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

stonezさん
梅雨が本格的になるまでがんばって出かけようと思っています。
95番というかこのライナーの演奏が聴けたのが幸せでした。類例を見ないほどの美しい演奏です。

Posted by: よし | June 07, 2010 at 05:56 PM

新緑の緑が美しく、目の保養にさせていただきました。
これから梅雨までは目に優しい季節ですね。

恥ずかしながら95番は未聴なのですが、この写真を拝見しながら聴いてみたい気がします。

Posted by: stonez | June 07, 2010 at 01:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヤナーチェク 組曲「賢い女狐の物語」 | Main | ストラヴィンスキー 「うぐいすの歌」 »