« ヴェルディ 「運命の力」序曲 | Main | ドビュッシー 「夜想曲」 »

May 28, 2010

モーツァルト ピアノ協奏曲19番 ヘ長調 KV459

クララ・ハスキル、フリッチャイ、RIAS交響楽団の演奏。1953年の録音。今年はハスキルが亡くなって50年です。マルケヴィッチとのモーツアルトの20番、24番、グリュミオーとのモーツァルト、ベートーヴェンなどすばらしい演奏は持っていますがそれ以外は・・・。ということで安いBOXセットを購入してさっそく聴いてみましたが、20番以降の人気曲に劣らずなかなかの名曲です。中でも3楽章でピアノ、ヴァイオリン、木管、低弦が掛け合うところがホント楽しい。柔らかなタッチのハスキルに対してフリッチャイの指揮はけっこう剛直で低弦をしっかりと鳴らすのでとてもいいバランスになっています。同じCDに収められている20番が楽しみheart04


camera  camera  camera  camera  camera  camera  camera  camera

気温が低いためかサツキが咲かなくて寂しいので庭の新緑でごまかしcoldsweats01


P1020460s


|

« ヴェルディ 「運命の力」序曲 | Main | ドビュッシー 「夜想曲」 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヴェルディ 「運命の力」序曲 | Main | ドビュッシー 「夜想曲」 »