« ショパン スケルツォ4番 | Main | ショパン ピアノソナタ2番「葬送」 »

February 07, 2010

ショパン バラード4番へ短調

よくコメントを頂くバラードさんに感謝を込めてnote
演奏はもちろんキーシン青年です。昨日と同じショパンセットから。昔「ショパンのバラードはイイですよ」と会社の音楽好きの若者に言われて買ったのはアシュケナージのLPでしたがあまり聴かなかったcoldsweats01。私の世代ではショパンといえばまずルビンシュタイン、アシュケナージ、アルゲリッチですがもうキーシンといってもいいのかもしれませんね。昨日のスケルツォもそうですがこのバラードでもタッチが明瞭で強靭なのはあきれるほどです。結果相当ダイナミックなショパンなんですが私は大好きheart04。そういう意味ではポロネーズは本当に素晴らしい!有名な6番「英雄」など胸躍るほどの迫力です。私が2日間で5枚のショパンを聴きとおしたのは奇蹟に近いですよ。改めて「恐るべし、キーシン」。

|

« ショパン スケルツォ4番 | Main | ショパン ピアノソナタ2番「葬送」 »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

バラードさん
キーシンはカラヤンと入れたチャイコンを最初に聴いたのですが、あまりにカラヤン節だったのでもう一つピンと来なかったんですよ。
仰るとおり今度のショパンを聴くと充分完成されたピアニストになったと思います。テクニックと音色だけでなくきちんと表現する姿勢が素晴らしいですね。
何とかプロコフィエフを聴いてみたいです。

Posted by: よし | February 08, 2010 at 01:43 PM

ショパンのバラード4番lovely
自分のハンドルネームにしているほど大好きな曲です。
(私、正確にはballade4fmollと申します)
この曲を取り上げて下さってありがとうございます。

キーシンは「神童」と騒がれ過ぎて、聞かず嫌いの人が多いようです。
私もその一人でしたが、何年か前にはじめて生演奏を聞いてその音色の美しさ、きっちりと音楽を作り上げていく真摯な姿勢に感動し、大ファンになりました。

ショパンも素晴らしい演奏を聞かせてくれますが、もし機会があれば是非アシュケナージと共演したプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番を聴いてみて下さい。
第1楽章のカデンツァがすごいことになっています。

Posted by: バラード | February 08, 2010 at 04:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ショパン スケルツォ4番 | Main | ショパン ピアノソナタ2番「葬送」 »