« 竹もすき | Main | ハインツ・ホリガー氏の公開リハに行く »

February 16, 2010

ベートーヴェン ピアノ協奏曲3番

アルゲリッチのピアノ、アバド、マーラー・チェンバー・オーケストラの演奏。2004年の録音。図書館で借りたものです。アルゲリッチの最新録音なので期待して聴きました。ピアノの音が相変わらずキラキラしてて彼女らしいなと思ったのですが昔のような奔放さは影を潜めていたため逆にとらえどころがない印象を受けたんです。ライブ録音なので終わりには盛大なブラボーがあり、文句は無いのですが何となくベートーヴェンとは違う印象を受けました。でも彼女の演奏には独特の魅力があるのも事実でこれはアルゲリッチのベートーヴェンと言って良いと思います。アバドも上手くサポートしているのですが出だしを聴くとこのオケはピリオド気味で弾いているような気がしましたが解説書には何の記載もないので自信はありません(笑)。彼女のベートーヴェンではシノーポリと入れた1番と2番がすばらしかったですね。

P1000055s

|

« 竹もすき | Main | ハインツ・ホリガー氏の公開リハに行く »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 竹もすき | Main | ハインツ・ホリガー氏の公開リハに行く »