« 冬の木立 | Main | ベルリオーズ レクイェム »

January 31, 2010

ベートーベン ピアノ協奏曲2番

Beethovenpc2_vaズビン・メータ、ウィーンフィル、アシュケナージの演奏。1983年11月の録音。アシュケナージのベートーベンは3番、4番をショルティ、シカゴとのLPで聴いていたけれどメータ、ウィーンフィルとの組み合わせの方が有利かな。私はあまり細かいところは気にしないけれどこの2楽章の実に細やかなピアノタッチを聴くと硬質だけど冷たくないアシュケナージのすばらしさを実感します。棒など振らずにもっとピアノを弾いてほしいです。

今日は雨模様で休息日なんですがいろいろ用事があって結構忙しく過ごしました。また寒気が来るようでひょっとしたら雪が降るかもしれません。


|

« 冬の木立 | Main | ベルリオーズ レクイェム »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

バラードさん
ショパン、ベートーベン、ラフマニノフ、ショスタコビッチなどレパートリーが広く的確な演奏が出来る得がたいピアニストなのに「巨匠」の一歩手前で降りたような気がします。
そうですねメータとかパールマンとの組み合わせでは爽やかな演奏になりますね。

Posted by: よし | February 01, 2010 at 02:15 PM

> 棒など振らずにもっとピアノを弾いてほしいです

全く同感です。
あれだけ弾ける人なのにピアノより指揮を選んだのは本当に悲しいです。
アシュケナージのベートーヴェンは爽やかでいいですね。
パールマンと組んだヴァイオリンソナタ全曲集も素晴らしいと思います。

Posted by: バラード | February 01, 2010 at 01:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/47441085

Listed below are links to weblogs that reference ベートーベン ピアノ協奏曲2番:

« 冬の木立 | Main | ベルリオーズ レクイェム »