« ラフマニノフ 交響曲2番 | Main | シベリウス 交響曲4番 »

December 13, 2009

オネゲル 交響曲3番「典礼風」

カラヤン、ベルリンフィルの1969年の録音。カラヤンとしては珍しいレパートリーだけど実にすばらしい演奏。この曲は3楽章構成で各楽章に副題が付いているけれど入力が面倒なので割愛(笑)。とにかくオケがメッチャ上手。全楽章を通して緊張感に満ち溢れた曲であり演奏だけど音が汚くならず磨き上げられているのはこの頃のカラヤン特有のもの。特に1楽章「怒りの日」で大活躍する金管が美しすぎるほど。
でも好き(笑)。

最近はリビングに持ってきたスピーカーが本来の実力をかなり発揮してくれるのがうれしい。

今日のお散歩のお供はリコーの5年前のコンデジ。最近のに比べると見劣りするspecだけど28mmが使えるので便利。
でもお天気がもう一つでした。


Field1_2


Field2_2


Tree1_2


Road1_2


|

« ラフマニノフ 交響曲2番 | Main | シベリウス 交響曲4番 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ラフマニノフ 交響曲2番 | Main | シベリウス 交響曲4番 »