« マーラー 交響曲9番 | Main | 休息日 »

December 20, 2009

ショスタコヴィチ 交響曲10番

Shosta10マリス・ヤンソンス、フィラデルフィア管の演奏。1994年の録音。私は交響曲は大好きなんですが、さすがに9番まで来たら充分疲れました(笑)。8番のセレクトは偉大なシンフォニストであるブルックナーのつもりだったんですが、せっかくのマゼール氏(ベルリンフィル)の演奏がどうも気に入らなくてウロウロしたのも疲れた原因の1つです。期待したのですが彼のブルックナー全集は遠慮しておきます(笑)。この10番も一押しはカラヤンなんですがそうすると3度も登場することになって不公平なので今回のコンビを選んだ次第です。クラリネットの音色さえ良ければザンデルリンクとベルリン饗の演奏もすばらしいです。さて、この演奏はベルリンフィルなどのドイツ軍団に比べると若干軽い印象を受けますが、それにしてもヤンソンスがもう少し掘り下げた演奏に出来なかったのか幾分の不満が残ります。大昔にオヤジさんのアルヴィドの演奏をテレビで見たことがありますがそれこそ髪の毛を振り乱した熱演タイプの人でした。お父さんの演奏で聴いてみたいものです。

|

« マーラー 交響曲9番 | Main | 休息日 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マーラー 交響曲9番 | Main | 休息日 »