« リムスキー=コルサコフ 「シェエラザード」 | Main | フランセ フルートとハープと弦楽のための四重奏曲 »

October 24, 2009

写真の楽しみ

最近は外へ出るのが多くなったため音楽の記事が激減しました。聴くのは聴いているけれどあまり身が入らないのかもしれない。何しろ散歩するにも写真を写すにもこれから1ヶ月が絶好のシーズンだからがんばって外へ出ています。まあ写すといっても相変わらず花や木や野原ばっかりで家で整理しても同じようなシーンなので我ながらあきれるんですが写真を写す楽しみは結果よりもシャッターを押す瞬間にあると思うんです。自分で光の加減や構図を計算して「ここ」と言う時にパシャっと押すその瞬間がたまらないです。まあプロは結果がすべてですからそうはいかないですがね。テレビでさる高名な写真家がライカを持って都内を写しまくるのを見ましたがワンショットごとにフィルムレバーで巻き上げながらすばやくピントを合わせてパシャパシャ写す姿は見事でした。何より納得したのはストラップをちゃんと首からかけていることです。よく見かけるんですが高価なカメラを片手で持ちながら歩いているのはアマチュアにしてもどうかと思います。かく言う私は旅行中に愛用のコンパクトカメラを落として泣く泣く「写るんです」を買う羽目になったんですが(笑)。

自然の中で子供が元気に遊ぶ姿はいいですね。
Kodomo3


|

« リムスキー=コルサコフ 「シェエラザード」 | Main | フランセ フルートとハープと弦楽のための四重奏曲 »

写真・カメラ」カテゴリの記事

Comments

ハリアー黒さん

お久しぶりですね。
プロのカメラマンの方でしたか。
確かにアマチュアだから楽しみだけで写せるのだと思います。

あのポリーニでさえ平均率は慎重になるのですね。
聴いてみたいです。

Posted by: よし | October 27, 2009 at 06:02 PM

どうもハリアー黒です。
お久しぶりです。

写真は仕事の時しか撮らなくなりましたねぇ…
まぁコンパクトカメラは、鞄の中に忍ばせているんですが…

ポリーニのバッハ(平均律第1集)を聴いています。
60歳半ばでの初録音は、やはり意味があるんだな…
と、納得して聴いています。

Posted by: ハリアー黒 | October 27, 2009 at 12:35 PM

みー太さん
みー太さんの写真も独特の感性があってステキですよ。
そうですね、シャッターを押す瞬間は思いを込めますね。そういう意味ではデジタルになってから思いが薄くなったかもしれません(笑)。
プロほど器材を大事にします。
>ストラップは、カメラを守る唯一の守り神。
まさしくその通りですね。
カメラを大事に使ってたくさん写真を撮ってさらに自分の感性を高めたいと思います。

Posted by: よし | October 25, 2009 at 07:53 AM

おはようございます
ご無沙汰しております。今もシャッターを押す一瞬は、息を止めてます。そして思いを込めてます。
写真を始めて2年足らずですが、単にシャッターを押す楽しみから、最近ようやく光の加減や構図に気をつけるようになりました。まだまだ計算すると言う余裕は、私にはありません。(汗)
よしさまの写真は、いつも明るくて温かいものが感じられて好きです。光の加減や構図に気を使われているからなんでしょうね。納得しました。

それとストラップ、大事ですよね。私にとってストラップは、カメラを守る唯一の守り神。今のカメラは発売後一年でかなり安くなりますが、私には簡単に交換出来る値段ではないので大切に使ってます。

Posted by: みー太 | October 25, 2009 at 07:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« リムスキー=コルサコフ 「シェエラザード」 | Main | フランセ フルートとハープと弦楽のための四重奏曲 »