« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

October 31, 2009

展望台

今日も万博って我ながら飽きないと思うよ。昨日と同じく西口から入ってコスモスを見てから更に東方向に行き憧れのソラード方面へ進む。すぐに展望台があったのでホイホイ登ったらやはりいい眺めです。周りが原生林みたいなのがとてもいい。この森も手を入れて第2の森へと再生中とか。この森の中を木の橋で進むのがお楽しみなんだけどそれは次ということで退散。展望台を降りたらトイレがあったのでさっさと入ったら何か様子が変。突然女性が入ってきてお互いギョっ。女子トイレでしたcoldsweats02。カメラを持った不審なおっさんがきょろきょろしてると管理人さんに通報されたかもしれない(笑)。いや、笑い事じゃないんだけどね。sad

Solade1

今日聴いたのはグールドの「悲愴」とバッハ。グールドのバッハはピンと来るけどベートーベンはもう1つでした。

| | Comments (2)

October 30, 2009

コスモス

毎度おなじみの万博公園です。ここのコスモスは咲きそろうのが少し遅いので今が満開。今日はがんばってEOSデジタルを持って行きました。RICHOのコンデジはコンパクトで便利なんですがさすがに5年目になると画素数(400万)はともかく測光制度などが見劣りします。特に快晴の日やコントラストの強い被写体は厳しいです。今日は快晴なのでデジ一眼の出番でした。まあ何を持っていっても変わり映えのしない写真ですが旬の写真が写せれば楽しいです。アマの特権ですね(笑)。ところが20枚くらい写したら突然シャッターが切れなくなって「メモリーがありません」と出て大慌て。8GBなんですがRAWも入れるので結構消費が早かった。結局買った1年前の頃に写したのを消去して何とかしのぎました。写した後はパソコンに取り込んでいるのでマメにフォーマットすればよかった。

やっぱり木々を見るとときめきますねheart04
Woods1

紅葉もチラホラ。
Woods2

ここのコスモス園はかなりの広さですよ。
Cosmos1

歩き回っていたら汗だくでした。
Cosmos2

最近写真のエントリーばっかりですが音楽もちゃんと聴いています。今日はナクソスミュージックで2台のハープのための曲を聴いていましたがバッハの「フランス組曲」で耳が釘付けでした。

| | Comments (0)

October 29, 2009

木の幹

大きな木の幹が何ともいえない渋い色合いになって表面がひび割れていたり苔などが生えているのが大好きで見飽きないのは年のせいだろうかthink
Wood10203

Wood10204

Wood10202

| | Comments (0)

October 28, 2009

神戸ブラブラ

Kobe2また神戸に行きました。最寄の駅に車を停めて電車に乗ると家を出てから1時間ほどで神戸駅に到着です。こういうとき電車賃は高いけれど乗り換えなくてすむJRは便利ですtrain。神戸の繁華街は神戸駅周辺ではないのですが港に近いのとすっきりとしたおしゃれな雰囲気がなかなかステキです。天上の高いアーケードを歩いていくとなぜか「真実の口」が・・・。100円入れるとおみくじが出るバージョンです(笑)。海の見えるハーバーランドでお昼を食べていたら湾内クルーズ船の「コンチェルト」の出航時間shipだったのでその話をしたらさっそく奥さんに連れて行く約束をさせられました(笑)。レストランから懐かしい海も山も見えるのでしばらくゆったりと過ごしてから帰りました。
Kobe1

| | Comments (4)

October 26, 2009

フランセ フルートとハープと弦楽のための四重奏曲

Gen86069アンサンブル・オブリガートの演奏。いつものようにナクソスミュージックで何となく聴いたものだけどこれは楽しかった。フランセという人は幼少の時から音楽の才を見せていたそうだけど、この自由闊達な音楽を聴くとフランスのモーツアルトと言っても良いような気もします。フルートとハープは相性の良い楽器だけどお互い煌くようなパッセージの掛け合いはすばらしいものがあります。今日からもっとフランセを聴こう。

| | Comments (0)

October 24, 2009

写真の楽しみ

最近は外へ出るのが多くなったため音楽の記事が激減しました。聴くのは聴いているけれどあまり身が入らないのかもしれない。何しろ散歩するにも写真を写すにもこれから1ヶ月が絶好のシーズンだからがんばって外へ出ています。まあ写すといっても相変わらず花や木や野原ばっかりで家で整理しても同じようなシーンなので我ながらあきれるんですが写真を写す楽しみは結果よりもシャッターを押す瞬間にあると思うんです。自分で光の加減や構図を計算して「ここ」と言う時にパシャっと押すその瞬間がたまらないです。まあプロは結果がすべてですからそうはいかないですがね。テレビでさる高名な写真家がライカを持って都内を写しまくるのを見ましたがワンショットごとにフィルムレバーで巻き上げながらすばやくピントを合わせてパシャパシャ写す姿は見事でした。何より納得したのはストラップをちゃんと首からかけていることです。よく見かけるんですが高価なカメラを片手で持ちながら歩いているのはアマチュアにしてもどうかと思います。かく言う私は旅行中に愛用のコンパクトカメラを落として泣く泣く「写るんです」を買う羽目になったんですが(笑)。

自然の中で子供が元気に遊ぶ姿はいいですね。
Kodomo3


| | Comments (4)

October 22, 2009

リムスキー=コルサコフ 「シェエラザード」

PAC( 芸文センター)に25日公演の公開リハーサルを見に行きました。ハイ、平日の午前中にこんな恩恵を受けられる身分になれました(笑)。指揮はこのオケではおなじみのケン・シェ。「おはようございます」の挨拶の後、指揮台に座るなりすぐに4楽章から開始です。まずは全部通してから細部の煮詰めですが、ほとんどが管楽器のニュアンスや音量への注意でした。4楽章が終わってから1楽章、2楽章と進んで終わりです。そう変わったとは思わなかったですが終わりになるにつれてオケの音が全体にスムーズになっていることがよく実感できました。2楽章で活躍するファゴットやオーボエも上出来でした(最初は危なかったけど)。それにしてもこの曲は良く出来ていますね。ということで家に帰ってからも復習です(笑)。結局聴いたのはカラヤン、ベルリンフィルの文句の無い演奏。本当はプレヴィンとウィーンフィルのを聴きたかったけれど出てこなかった。あとは25日の本番待ちです。

| | Comments (0)

October 21, 2009

エルガー 「気まぐれ女」

グリュミオーのヴァイオリン、伴奏ピアノはイシュトヴァーン・ハイデュ。エルガーって交響曲や協奏曲の大型作曲家のイメージがあるのですが「愛の挨拶」以外にもどこんなしゃれたヴァイオリン曲も作曲したんですね。粋なリズムがとても魅力的な小品です。グリュミオーはもう何も言うことございません。

この時期にも庭のオーシャンブルーが一杯に咲きます。
これは夕方写したものですが朝のブルーから紫色に変化します。
Blue

| | Comments (0)

October 20, 2009

スズメガ?

いつもの万博自然公園で変わったハチを見つけたんです。花にとまらず空中でホバリングしながら長い口先を花の中に入れて上手に素早く蜜を吸っています。最初はハチだと思っていたのですが調べるとどうやらスズメガの一種みたいです。今日は曇り空だったのでコンパクトデジだけでふらっと行ったのですがちゃんと手ブレ防止の一眼タイプを持っていけばよかったcamera

最望遠にして撮りましたが相当トリミングしています。
Hachi1_2

別の写真ですがトリミングしないとこんな感じ。
中央下に小さいのが浮かんでいます。
Hachi2

太陽の塔の真下近く。
おねえさん達が思い切り見上げて写真を写していました。
Tower1

| | Comments (2)

October 19, 2009

また日本庭園へ

相変わらず万博公園ですが今回は日本庭園の西側を散策しました。
Road1011

本当に林が続いているだけなんですがいつもながらしっとりとした気持ちになります。
Forest1

この近辺では珍しくも無い竹林ですが・・・
Take2

一応シシ脅しもあります
Take1

日本庭園の休憩所に蓮の花の写真の入賞作品を飾っていましたがそれは見事なものです。これが佳作だそうですが実に素晴らしい!
Photo2

こちらが特選作品です。お見事の一言ですが女性の撮影者ががほぼ半数です。蓮を写すには200mm以上の望遠レンズとそれなりの三脚などの器材が必要なのですが良い趣味以上に良い運動にもなり一石二鳥ですね。
Photo1
来年は私もチャレンジしよう。

| | Comments (0)

October 17, 2009

シカゴ饗とジュリーニ

Giuliniジュリーニがシカゴ交響楽団と録音したアルバムからベルリオーズの劇的交響曲「ロメオとジュリエット」抜粋を聴きました。いつものように特に深い意味でセレクトしたわけじゃなかったんですがこれは聴き惚れてしまいました。1969年の録音ですから彼がまだ50台でしょうか。こういう劇的で且つ叙情的な曲になるとジュリーニは最高ですね。そしてオケがまた上手い。高性能なオケなのは知っているつもりですが金管や弦はもちろん「愛の妖精の女王マブ」のシーンの木管の柔らかくささやくような音がとても魅力的です。しかしベルリオーズって大オーケストラを扱う天才ですね。名指揮者とスーパーオケ、そして天才作曲家のすばらしいコラボを聴いて大満足でした。

| | Comments (0)

October 15, 2009

ルドルフ・ケンペのリハサール

0091952bcナクソスミュージックで検索していたらケンペのリハーサルを聴くことができました。ベートーベンの7番とエグモント序曲、オケはドレスデン・シュターツカペレ。これは久しぶりに楽しい音源でした。まずオケの音が分厚くてとっても柔らかい。木管が重なった時などほれぼれします。おかしな表現ですが有機的な上手さとでも言うのでしょうか。ベルリンフィルはカチッとしたアンサンブルですがドレスデンは少しずれ気味でもしなやかな音が出ます。エグモントの出だしなんかなかなかの迫力ですよ。これをケンペがリハするんですから面白くないわけが無い(笑)。ミュンヘンフィルとのベートーベンは持っているんですがこんな良い音じゃなかったなぁ。でもケンペっていい男ですねぇ。リチャード・ギア+小泉元総理の髪の毛でしかもいい声です。カラヤンとは比べ物にならない(笑)。

| | Comments (0)

October 13, 2009

万博自然公園にて2

昨日の続きです。現在ここでは70年大阪万博の時に建っていた各国のパビリオンの跡を示すプレートをたくさん探すというイベントが行われています。跡地を示す石のプレートの左下に国名を記した小さなステンレスの板があり、それを鉛筆で紙にスクラッチして写したのを集めるというものです。私も10年ほど前に跡地のプレートを写しに行きましたが最近は全然気がつかなかったです。でも1つ見つけると面白いように見つかりますね。今回写したのは主にアフリカの国でした。それにしてもあの後よくこれだけの自然公園に作り変えたものです。
国の名前についてはプレートの記載の通りにしています。

アブダビ 向こうに見えるのは国立民族博物館
Abdabi

中央アフリカ
Cafrica

EC(ヨーロッパ共同体)
Ec

エチオピア
Ethiopia

ガボン
Gabon

ガーナ
Gahna

インドネシア
Indonesia

ニュージーランド
Newzealand

クウェート
Quait

タイ
Thailand

これで10カ国ですから全部集めるのはちょっと無理ですねcoldsweats01

今聴いていたのはシューマンのヴァイオリン協奏曲。若手のイメージのままのジョシュア・ベル、ドホナーニの指揮、クリーブランド管弦楽団の演奏。ベルの初々しい演奏は清清しいこの曲にピッタリです。これは名曲ですね。


| | Comments (0)

October 12, 2009

万博自然公園にて1

この連休はずっと万博自然公園に行って写真を写していましたが3日ともまずまずのお天気で緑一杯の自然を堪能しました。ここはとにかく広くて(甲子園球場の60倍)木々や花が良く整備されているのと清潔なトイレもたくさんあって小さな子供さんをつれた家族連れでも本当に安心して遊べるのです。私はとにかくグリーンが一杯あれば満足なのでこの3日間で相当リフレッシュしましたhappy01
Green1

芝生では親子で球技を楽しめます。
Green1012

Green3

私も乗った森のトレインは30分ごとに走ってきます。
Train1012

300円で自然公園を一週してくれるので便利ですよ。
Train10122

台風のあとなのでどんぐりがたくさん落ちていました。
Acorn

現代芸術の森。
Art1

向こうのベンチもなかなか良い雰囲気です。
Art2

これも現代芸術作品。見る角度によって印象が変わります。
Art1012

写真を写しながらブラブラ歩けてとても良い運動になります。
さて、今聴いていたのはバッハのヴァイオリン協奏曲1番。
ギドン・クレーメルとアカデミー室内管弦楽団の颯爽とした演奏でした。


| | Comments (0)

October 11, 2009

鉄人28号

神戸に行って鉄人28号を見てきましたtrain
JR三ノ宮から西へ4つ目の新長田駅を出て西へ10分ほど行くと左手に大きな鉄人が立っています。高さ15m、重さ50トンとなかなかの迫力です。平成7年の大震災で壊滅的な被害を受けた神戸で3年前に「神戸鉄人28号プロジェクト」というのが出来て今年9月29日に完成したものです。写真でお分かりでしょうが足元周りの仕上げはまだ未完成なんです。これを仕上げたら柵が外されて鉄人の足元まで行けるはずです。ただ、写真を写しても大阪の川に浮かんでいたアヒルほどの感銘は受けなかったです。確かに漫画の作者横山光輝氏は神戸の生まれで縁は大きいのでしょうが、メッセージ性が少々希いかな。あの大震災では私も小学校時代の同窓生を亡くしていますが、鎮魂の思いやこれまでの復興の努力などをアピールできるものが他に無いでしょうかね。でも、他府県の方はお気づきじゃないでしょうが電車で大阪から神戸へ向かうと途中、昔の黒い瓦の屋根はほとんど見かけません。高層マンションか新しい様式の住宅がほとんどです。神戸から50kmほど離れた我がマンションでも4階では食器棚が、7階ではアップライトピアノが倒れました。本当に恐ろしい災害でした。

昔読んでいたマンガを思い出して懐かしいheart04
Tetsujin1

Tetsujin4

実際はこんな感じで立っていて、老若男女みんなが写していますcamera
後ろの方に山が少し見えるのがいかにも神戸。
Tetsujin3

| | Comments (2)

October 10, 2009

終わった・・・

今年のタイガースが終わりましたbaseball。お疲れ様。

絶望的な前半に比べ後半は順調なペースでCS進出を争えるまでになり、最後の最後まで楽しませてくれたことに感謝です。
しかし、実際はツバメの大失速のおかげで3位争いが出来ていたので、終わって4位というのはくやしいけれど順当な位置でしょう。
今年は正直ベテラン勢に疲れと老いが見られたので来年は新しい布陣で新生タイガースとして優勝を目指してほしいです。
それと終盤で残念な結果になったA投手を責めるのは止めたいと思います。登板を決めたのは首脳陣だし誰も負けるつもりで投げるピッチャーはおりません。あくまでエースとして起用した監督の心意気を汲みたいと思います。結果論で見るかこれからの体制造りとして評価するか分かれるでしょうがね。

そうそう、一応応援していたんですが来年はしっかりオリックスを応援しまっせhappy01

岡田はん、思い切りやって来年はトラと日本シリーズやりましょうimpact

浜ちゃんもおるし。出来たら今岡さん使うてくれへんかなぁ・・・

| | Comments (0)

October 09, 2009

遅い!

最近のおさかな♪さん fish のブログ「看板発見~♪」を見て、1日経ってから「放置しないでね~」の意味が分かって大笑いした私は相当鈍いと思う。coldsweats01

| | Comments (0)

October 08, 2009

これはひどい!

おいしい玉子焼きつくりにチャレンジしたんです。ネットで予め「達人のレシピ」を調べて同じように作ったのですが結果は無残なものです(涙)。Tamago「強火で」と言うのを真に受けたのが悪かった。ホント、火加減ほど文章で分かりにくいものはありませんね。これまでも作ったことはあるのでそんなに大きく変える必要は無かったんですよ。でも、帰ってきた奥さんは一目見て「あら、玉子焼き」と驚きもしませんや。朝の奥さんのお弁当のおかずにと思ったのですが夜2人で食べてしまいました。ほんのりこげ味があって美味でした←ウソ。懲りたかって? イエイエ、また作りますよthink

さて、今日聴いたのはナクソスミュージックから、シマノフスキの「ノットゥルノとタランテラ」。イリヤ・カーレルのヴァイオリン、ヴィトの指揮、ワルシャワ国立フィルハーモニーの演奏。2曲目のダイナミックな「タランテラ」が爽快で楽しかった。

| | Comments (4)

October 07, 2009

グリーン

先週の土曜日も万博公園に行っていたんだけどこの日はうす曇でしっとしりしたお天気でした。写真を写すにはちょうどよかったので久しぶりにKissX2をセレクト。といってもコスモスには少し早く萩は時期遅くススキもチラホラなのでひたすら木々を写して帰りました。でも緑の中をぶらぶらするのは本当に気持ちの良いものです。グリーン大好き。苔むした木々も大好き。

日本庭園の蓮池に行く道です。カメラをぶら下げた人が多い。
Roads

大阪万博が終わって40年も経つと木々も年期が入っています。
Wood1s

苔むした木っていいものです。
Wood6s

Wood3s_2

ベンチの足元まで苔ということは今まで誰も座らなかったのかな。
Benchs

きのこがあったけれど誰も取らないよね。
Kinokos

蓮池なんですが小さな蓮の花が1,2咲いていただけです。
Ponds

池のそばに行くと大きな鯉が集まってきます。
思わず金魚すくいを思い出した私はアホなのでしょうかcoldsweats01

Carps


| | Comments (0)

October 04, 2009

今日は快晴

昨日も今日も万博公園に行ってきました。月曜からはほとんど雨模様なので休日でも侵攻作戦なんです。ところが昨日は人出も少なくお天気も薄曇で良い写真日和だったのですが今日は快晴というかいわゆるピーカンsunで写真的にはあまりいい日じゃなかった。

さて、朝いつもの駐車場に入ろうとしたらすでに満車のため遠い中央駐車場に停める羽目に。今日はお祭広場でガレージセールがあったためでしょう。しかもお天気がいいので昨日と違って若い人や子供連れで一杯。でも美しい緑をたくさん見たので満足です。

太陽の塔の前の芝生は本当に美しいです。
Expo1

Expo2

向こうに白く見えるのは太陽の塔の根元。直径15mくらいかな。
40年前によくこんなすごいモニュメントを作ったものです。
Expo3

混雑の元凶(笑)ガレージセール。 若い人は元気やね。
Expo5

いい歳をして園内一周のミニトレインに乗ってしまった。結構楽しいheart02
Expo4

| | Comments (2)

October 02, 2009

ワーグナー タンホイザーから「大行進曲」

せっかく休みになったのに当分の間雨が続きそうですrain。せっかく洗濯をしようと思っていたのに肩透かし。でも朝はちゃんと食器を洗いました。私達の小学校の頃は男子にも家庭科の時間があってボタン付けとか編み物なんかもやらされましたよ。もう忘れたけれどメリヤス編みとかガーター網とかあったなぁ。ハイ、そうやって鍛えられたのでご飯を炊いたり味噌汁を作ったり卵を焼いたりするのはお手の物です。でも炊飯器や全自動洗濯機を考案した人はノーベル賞ものだと思っています。
さて、今日聴いたのはワーグナー。何となくおめでたい気分だったので。サー・ゲオルグ・ショルティ、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団の文句の無い演奏。ウィーン少年合唱団も加わった澄んだ合唱がすばらしい。今日はこの部分だけですがそのうち全曲を聴きます。
一昨日頂いた花束ですが昨夜奥さんがバラして花瓶に活け替えました。まだ玄関に胡蝶蘭があります。大喜びで「ほら、この胡蝶蘭きれいでしょ」。「あのな、オレが貰ってきたんやけど・・・・」。まあ、いいです(笑)。
Flower1


| | Comments (0)

October 01, 2009

長期休暇

Present今日から長期休暇に入りました。無期限です(笑)。昨日は定時終了後大勢がドヤドヤと部屋に入ってきて何事と思ったら花束などが運び込まれたので状況が理解できました。私は大げさなことが嫌いなのであっさりと「ではお先に」と帰るつもりでしたがそうはいかなかった。どうやら職場の女性軍が裏工作をしていたみたい(笑)。でも珍しい観葉植物やステキなプレゼントとか記念のアルバムとかさすがの気配りに感動しました。みんなで写真を写して本当に感謝です。その他しばらく業務をしていた中国の関連会社からも記念品が届いて家に持って帰るのが一苦労でした。いやいやうれしい悲鳴です。前もって連絡を受けていたら「今後の政治への期待」なんてスピーチ(←ウソ)も準備したのですが、しどろもどろでお礼を言うのがやっとですね。でも明るい雰囲気だったので涙は無かったです。

ということで今後は「晴写雨聴」の日々が続くでしょう。
10月は神戸:鉄人28号、ハーバーランド、西宮:PAC演奏会
11月は京都:叡山鉄道の旅、青不動明王、西宮:PAC演奏会
山口:姪の結婚式
予定がぎっしりですnote

| | Comments (8)

« September 2009 | Main | November 2009 »