« テンプレート変更 | Main | ショスタコヴィチ ヴァイオリン協奏曲1番 »

July 25, 2009

スーザン・ボイルさんを聴いて

今日初めて、話題になったスーザン・ボイルさんの歌をyou tubeで聴きました。しかし、歌よりもステージに出てきた彼女を見た時の審査員の怖いほどの冷たい対応と歌い始めた後の反応を見ているほうが楽しかったです。
で、見終わって思ったのですがこれって人を外見で判断するのだ、という見本なんですね。同じ47歳でもそれなりの容姿や服装の方ならここまで冷たい対応はしないでしょう。
しかし認められて(?)からは引っ張りだこになったようでその後同じステージに立った歌はもう1つ冴えたものではなかったです。
目のご不自由な方がコンクールに優勝して話題になっていますが騒ぎが収まってからも安定した音楽活動を続けらればいいなと思います。
一時代前に活躍したソプラノのエリカ・ケートさんは小さい時に罹った小児麻痺のため歩くとき少しビッコをひいたそうですが舞台では裾の長いドレスを着るので全然分からなかったというお話が好きです。

|

« テンプレート変更 | Main | ショスタコヴィチ ヴァイオリン協奏曲1番 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テンプレート変更 | Main | ショスタコヴィチ ヴァイオリン協奏曲1番 »