« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

June 27, 2009

ヤナーチェク シンフォニエッタ

Janacek最近のベストセラー小説のおかげでこの曲が売れているとか。そんなこと知らずに私が聴いたのはセルではなくチャールズ・マッケラスとウィーンフィルの演奏です。昔買ったCDを久しぶりに聴いてみたら録音の良さもあいまってオーケストラの音色の美しさにびっくりです。ヤナーチェクのスペシャリストであるマッケラスのコントロールもいいのでしょうがウィーンフィルの素晴らしさを満喫した演奏でした。


ブログサイドバーの写真を亡き愛犬セラに戻しました。これは2歳くらいの時の写真で食卓の横にいつも置いています。寝そべる時は必ず右足をたたんで左足だけ前に出したポーズなんです。犬は大好きですが亡くなった時のつらさを思い出すともう飼えないですdog

週末しか庭に出ませんがそのつど変わった花が咲いています。
Hana1

| | Comments (0)

June 21, 2009

おや、何か届きました

Presentお昼前に宅急便が来ました。

アマゾンに注文した本だろうと思ったら細長くてちょっと重い箱です。

頼んだ覚えは無いよと一瞬不安になったけれど贈り主の住所に見覚えがありホット安心。

今日が何の日かは分かっていたけれどほとんど期待しなかったのでうれしい。

ただラベルに大きく名前が書いているので空瓶を捨てられんぞ、これはbottle

しかし二日続けて酒の話題というのはどういう家庭や!think

| | Comments (0)

June 20, 2009

にごり酒

Sakeこれは3月に義妹から頂いた萩のにごり酒です。名前は「にごり酒」なんですがラベルには清酒と書いています。しばらく静かに置いておくと酒かすでにごった部分と澄んだ清酒の部分がきれいに分離するのでその澄んだところを頂くわけです。本当においしかったです。ちょっと甘口ですがあと味がとてもすっきりしています。まあ、ガブガブ飲むお酒ではなくおつまみ無しでちびちび飲むのに最適です。1-3月の季節限定品なのでまた来年のお楽しみです。もう空なんですがラベルがとても粋なので残していたものです。

| | Comments (0)

June 13, 2009

ボケの始まり?

今朝の朝食の時に奥さんが「私は先にアイロンかけるからね。」と言うので「朝からアイロン???」と考えるまもなく「ちがう! 洗濯機を回すと言うつもりが・・・」と笑い崩れましたdown
そういえばお風呂の栓をしないで湯を出していたり、夜自転車を外に置いたまま寝そうになったり最近のボケぶりはなかなかの進歩です。財布を捜していて机の引き出しからお肉のパックが出てきたので「もしや」と冷蔵庫を開けたら財布が入っていたというお話を聞きましたがそのうち我が家も・・・・・happy01

住人はボケても庭のお花は毎年季節を忘れずに美しく咲きます。

Yuri2


今年はピンクのユリがなかなかの色合いです。

Yurip1


| | Comments (4)

June 07, 2009

ベートーベン 交響曲7番

Melonウチの奥さんは買い物上手です。信じられない値段でものを買うのが得意だしそれも不要なものは絶対買わない。まあ永年の貧乏所帯のやりくりで身につけ才能だから私がすべての原因なんですが・・・・coldsweats01

で、先日やはり驚く値段でメロンを買ってきたんです。一応柔らかくなるまで置いて昨日やっと頂きました。まあ値段なりにおいしかったんですが写真でお分かりのように食べたのは2人で1/4でした。あと3日ありますよ(笑)。
さて、今日聴いたのはベートーベンの7番。カラヤン、ベルリンフィルの70年代の録音でこの頃がピカピカの最たる演奏だと思っていたんですがこの曲に関してはとても古典的なアプローチです。特に1楽章や4楽章のような見せ場でも金管楽器が飛び出さないように上手くコントロールしているのが見事です。やはりこのコンビの最良の時期なんでしょうね。また、7番という曲は実に各楽器のバランスを考えて作曲されていることも分かります。オーケストラも演奏して楽しい曲なんだと思います。

今日は半ばあきらめていたらアニキがサヨナラを打ってくれました。baseball  最高!

Hana607


| | Comments (2)

June 06, 2009

ショスタコヴィチ 交響曲5番

Sosta5今日はトラの3連勝を祝してこの曲です。マリス・ヤンソンス、ウィーンフィルの演奏。有名すぎていまさらなんですがウィーンフィルの5番が珍しいので聴いてみました。ちなみにライブ録音だそうです。1楽章はおとなしい開始でこのオケにはこの曲は不向きかなと思っていたら2楽章辺りから気分が乗ったのかなかなか好調になり私の好きな3楽章のエレジー風の表現はさすがでした。4楽章はヤンソンスもそれほど煽らず「革命」らしくない終わり方で収めましたがこれが最近の風潮でしょうね。昔は「革命」なんて標題無かったけれど指揮者は各自好き勝手にやっていた気がします。しかし勝ったのはうれしいけれどオリックス特に大石監督のファンなんでちょっと複雑な気分です。

紫陽花の季節になりました。玄関前のガク紫陽花は赤色で庭のはブルーです。
そろそろ入梅ですね。
Ajiasi


| | Comments (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »