« モーツァルト フルートソナタ 第1番ニ長調 | Main | ショパン 24の前奏曲 »

April 05, 2009

モーツァルト 「グラス・ハーモニカのためのアダージョとロンド」 KV617

Mozart_gkass_fluteグラス・ハーモニカはデニス・ジェームスの演奏、その他フルート、オーボエ、ビオラ、チェロによる五重奏ですがソロだけのKV617aもあるそうです。ワイングラスの飲み口を濡れた指で軽くなぞって回すと「フォアーン」と言う柔らかい音が出ますが大きさの違うガラスのグラスをたくさん並べると楽器になるというのがグラス・ハーモニカの原理です。音を出すコツはやさしいタッチで飲み口に触り、指とグラスに軽く摩擦が生じるようになぞることです。ちなみに無機化学が専門の教授が言うには指を濡らすのはガラスと共振しやすいアルコールが一番いいとか。ホンマかいな?さて、ベンジャミン・フランクリンが発明したこの楽器はものすごい人気であのモーツアルトまで曲を残したわけです。確かに天上から聞こえるようなそのはかなげな音はとても癒されますがいかんせん力強さには欠けるのでその他の楽器でカバーしたと言う構図です。2楽章で12分強。昨日のフルートソナタの最後に入っていたのですがこういう珍しい曲が聴けるのが大全集の強みですね。
昨日から某国の花火遊びの話題でテレビに釘付けですが都内に配備されたPAC3を見ようと大勢集まったそうです。いっそのことパンダがいなくなった上野公園に配備すれば入場者が増えると思うんだけど。

|

« モーツァルト フルートソナタ 第1番ニ長調 | Main | ショパン 24の前奏曲 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

バラードさん
不安定で不思議な音色ですが癒されるのは確かですね。モーツアルトにはピッタリですがマーラーやショスタコさんには物足らないでしょうconfident

昨日はベッドに寝そべってあきらめながら見ておりましたがさすがに9回裏はむっくり起き上がって祈りを運ぶとちゃんと逆転しましたよimpact
メンチもよみがえったし後は新井ちゃんがフツーに打てばマジックはどんどん減りますね。

Posted by: よし | April 08, 2009 at 06:10 PM

グラスハーモニカの音って柔らかくて優しくていいですね♪
さすがモーツァルト! グラスハーモニカの曲まで作っているとは!!
この曲は全く知りませんでした。いつか聴く機会があればいいなと思います。

ところで昨日は聖地が燃えましたね~~~!

Posted by: バラード | April 08, 2009 at 11:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト フルートソナタ 第1番ニ長調 | Main | ショパン 24の前奏曲 »