« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

March 29, 2009

ベートーベン セレナードニ長調 Op.8

Hana2アンナー・ビルスマの主催するラルキブデッリの演奏。ジャケットにはSerenadeと記されていますが弦楽三重奏第2番だそうです。オリジナル楽器による三重奏と思えないほどスケールの大きい演奏。でもどこかゆるさがあってラルキブデッリのこういうほのぼの感がとてもいい。6楽章の中で4楽章アダージョにちょっと泣き節が入るのがベトさまには珍しいけれど好き。若いときの名曲ですね。

相変わらず庭の花の写真です。
Hana1

今日もお天気なので庭の反対側から撮影しました。雪柳はさわると花びらがそれこそ雪のように零れ落ちる状態です。
Niwa092329

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2009

エルガー 愛の挨拶 Op.12

Niwa090328チョン・キョンファの独奏、ピアノはフィリップ・モル。私はこの曲をずっと「朝の挨拶」だと思っていたんです。でも「おはよーっ」てな感じじゃないですねsun。さて、この3分ほどの粋な曲をキョンファは充実感あふれる演奏で聴かせてくれます。さすがの貫禄に文句ありません。でもエルガーって大曲より小品の方が良い作品が多いように思います。
庭はかなり春めいてきました。狭い庭を広く見せるこのアングルの写真は年に1度は掲載しているようですhouse

| | Comments (2)

March 21, 2009

メンデルスゾーン 交響曲5番「宗教改革」

カラヤン、ベルリンフィルの演奏。1972年の録音。名前の重々しさにあまり聴く気がしなかった曲ですが、カラヤンの美しさの極みの演奏を聴いてこれは3番、4番以上の名曲じゃないかなと思った次第です。4楽章に讃美歌を使っているのもいいですね。ちょっと食わず嫌いを反省しています。
お彼岸だというのにまだ玄関にミニ雛を置いているので「はよ片付けんと嫁に行かれへんで」と言ったら「あら、大変」と急いで片付けたのはどういうこっちゃthink
Hina

| | Comments (2)

March 20, 2009

ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲イ短調

諏訪内晶子さんの独奏、イヴァン・フィッシャー、ブダペスト祝祭管弦楽団の演奏。1999年12月の録音。27歳の演奏にしては落ち着いているし何より2楽章のような情緒的な部分がすばらしい。この人に合った曲だと思います。一方オケはどちらかというとメリハリ系で野性味あふれる演奏なのでこの組み合わせはドヴォルザークにはグッドマッチですね。さて、書く前にwebで調べたら諏訪内さんになにやらあったとか出てきましたが音楽そのものには関係の無いこと。私はこの演奏が素晴らしいと思っただけです。

庭の雪柳が満開です。シクラメンは冬からずっと元気です。
Hana090319

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 15, 2009

モーツアルト 弦楽五重奏曲3番 KV515

オルランド四重奏団に今井信子さんが加わった贅沢な編成。大全集といっても始めから順番に聴くのは面白くないので適当に間を飛ばして知らない曲を中心に聴いていますが弦楽五重奏曲をすべて聴けるのは大正解でした。特にこのKV515のやすらぎに満ちた比類の無い美しさは最高です。特に2楽章は天国に遊ぶ気持ちです。20年まえのデジタル録音もこの曲の透明感を良く伝えています。この全集での特選盤ですね。

窓に置いている蘭がまだまだ元気一杯です。
Hana2

| | Comments (2)

March 14, 2009

エルガー ファルスタッフ

Elgarアンドリュー・ディビスの指揮、BBC交響楽団の演奏。エルガーの5枚組のBOXから。エルガーの曲って私には上品過ぎて物足らないのですがこの組曲は結構楽しめます。もっともエルガーの曲の中では評価が低いそうですが私は気に入っています。何よりもこのセットで聴くBBC交響楽団は響きが柔らかくてとってもステキです。こういうまったりとした響きはイギリス人好みなんでしょうね。このコンビでブルックナーとかブラームスとか聴いてみたいものです。

| | Comments (0)

March 08, 2009

ラモー 「プラテー」管弦楽組曲

Rameau_plateeニコラス・マギーガンの指揮、フィルハーモニア・バロック・オーケストラの演奏。ジャンルを管弦楽としたけれどラモーの歌劇から17曲抜粋されたものです。喜劇だそうで蛙をはじめ色んな生き物を擬した音形が聞かれて面白いけれどしばらくすると退屈するのも事実かな(笑)。
昨日から奥さんが実家に帰っているのですが普段何もしない私はあっという間に不便になりますthink。でも食器は洗ったし洗濯物も取り入れました。後は風呂を洗わなきゃsweat01
実は1月の終わりに右足の骨を折ったんですが2日前にやっとギプスが外れましたhospital。それまでビニール袋をかぶせてシャワーは出来たんですがやっと湯船に入れてうれしかったです。痛みはほぼ無いのですが無理して歩いていたので今は腰が痛いです。

| | Comments (0)

March 07, 2009

モーツァルト 「レ・プティ・リアン」

モーツァルト大全集から。スロバーク・シンフォニエッタの演奏。バレエ曲だそうですが序曲を含めた8曲が納められています。現在のような華やかなバレエ技法が確立する前なのでシンプルですがとても優雅な曲集です。で、曲名ですが直訳すると「小さくて何も無いだけ」???。フランス語分かりませんcoldsweats02
Hana90307例によって窓際シリーズのお花です。雨だったけど昨日から温かくて本当に春を実感しますがどうやら今年は花粉の当たり年みたいでくしゃみがひどくなりました。でもマスクをすると鼻の周りに適度な湿気が集まって快適です。でもそろそろ桜の開花情報が出ているんですね。

| | Comments (0)

March 01, 2009

ベートーベン 交響曲7番

Beethovensm7_karajanカラヤンとベルリンフィルの最初の録音ですがベートーベンはやはりこの時が一番ではないかと思います。でも7番に関しては2楽章のだらっとしたリズム感が嫌いであまり聴くことが無かったのですが3楽章以降は文句無く久しぶりに聴いてちょっと感動してしまいました。この後2回目に入れた7番ほどではないにしてもすばらしいスピードで畳み込むように4楽章が終わるとかなりコーフンしますね。とにかくよく出来た曲だと思います。
お隣から頂いたランを日当たりの良い窓際に置いていたら花が咲きました。でも名前が分かりません(笑い)。
Hana090301

| | Comments (4)

« February 2009 | Main | April 2009 »