« エルガー ファルスタッフ | Main | ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲イ短調 »

March 15, 2009

モーツアルト 弦楽五重奏曲3番 KV515

オルランド四重奏団に今井信子さんが加わった贅沢な編成。大全集といっても始めから順番に聴くのは面白くないので適当に間を飛ばして知らない曲を中心に聴いていますが弦楽五重奏曲をすべて聴けるのは大正解でした。特にこのKV515のやすらぎに満ちた比類の無い美しさは最高です。特に2楽章は天国に遊ぶ気持ちです。20年まえのデジタル録音もこの曲の透明感を良く伝えています。この全集での特選盤ですね。

窓に置いている蘭がまだまだ元気一杯です。
Hana2

|

« エルガー ファルスタッフ | Main | ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲イ短調 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

crestさん
4番も名曲ですね。こちらもじっくり聴いて見ます。私はなぜか四重奏曲より落ちついた雰囲気の五重奏曲が合うようです。

Posted by: よし | March 17, 2009 at 06:04 PM

第4番のト短調の方が有名かも知れませんが、このハ長調もいい曲ですね。
久しく聴いていなくて忘れていました。
そう言えば、両曲とも私はブログに取り上げていなかったかも・・・。
一度聴いてみたくなりました。

Posted by: crest | March 16, 2009 at 08:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« エルガー ファルスタッフ | Main | ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲イ短調 »