« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

February 28, 2009

バルトーク バイオリン協奏曲2番

Bartok_vn2ゲルハルト・ヘッツェルのソロ、アダム・フィッシャーの指揮、ハンガリー国立交響楽団の演奏。バルトークのオーケストラ作品を集めたBOXセットに入っていたもの。とにかく第1楽章の開始のバイオリンのドスの効いた音色と何となく東洋的なメロディーにひきつけられてしまった。バルトークというかハンガリー音楽を身近に感じるのはやはり先祖が近いのだろうと思う。そしてヘッツェルって確かウィーン・フィルのコンマスじゃなかったかなと調べたらこの録音の次の年に滑落で亡くなられていたことを知った。まだ52歳。惜しいなあ。そしてバイオリンだけでなくオケがさすがというほど上手い。この5枚組のセットは数年前に買ってあまり聴かなかったものだけどよく見るとバルトークの主要な作品がしっかり入っている。ちゃんと聴かねば。
さて、ここ1,2年、寝ながら聴く部屋の音がざらついて不愉快な思いをしていたので結局オーディオ・テクニカのノイズフィルター付きテーブルタップを買ったらかなり改善されたのです。ピアノはともかくオーケストラの弦楽器の音にチリチリというノイズが重なっていたのがかなり良くなりそして全体の音も明快になりました。まあうれしいのですが12タップで8000円はちょっと高い。でも自分でコイルを巻いて高耐圧のコンデンサなどを買えば数千円は掛かるし面倒だからまあいいかな。


| | Comments (0)

February 21, 2009

プッチーニ 「トゥーランドット」

TurandotプッチーニのBOX全集から。ズービン・メータ、フィレンツェ五月祭管弦楽団&合唱団、歌手はジョバンナ・カゾッラ、セルゲイ・ラーリン、その他の歌手は多いので悪いけれど省略(笑)。1998年9月、北京、紫禁城でのライブ録音だそうですが幕の終わりに拍手も入ってなかなか良い雰囲気です。DVDが普及している今CD2枚で聴くのは結構努力が必要なんですが無事に聴き終えました。悪い癖で長い曲の途中はよく寝てしまうのですが、さすがに「誰も寝てはならぬ」のあたりで目が覚めました(笑)。いやホントです。このBOXセットはほとんどがマゼールとメータの演奏なんですがさすがに見事なものです。でもこの曲はDVDで見る(?)ほうがずっと楽しいでしょうね。

奥さんが桃の枝を勝ってきたので恒例の記念写真ですが一緒の花瓶にバラも入っているので変なコラボになりました。それにエアコンの温風が当たるので2,3日前は蕾だった桃が一気に開いて桜みたいです。春はすぐそこまで来ています。

Rose2


赤いシクラメンもまだ健在です。

Rose3

| | Comments (0)

February 17, 2009

花は元気

Hana902172
また寒さが戻りました。というかこれが普通のお天気なんですが1度良い思いをすると寒さが余計にこたえます。でも庭や部屋の花たちは日差しの強さを感じるのか活き活きしてきました。私は葉っぱの濃い緑も大好き。
さて、モーツアルトばかり聴いていると欲求不満になって(笑)大オーケストラが聴きたくなります。そこで聴いたのはブルックナーの3番。この曲はヨッフムよりカラヤンですね。かなり満足。最近いよいよブルックナーが好きになってきました。
14,15日と長男が帰っていました。まめな男なので東京に行った当初は結構料理をしたそうですが一度魚の煮つけを食べたくなって、みりんや料理酒を買って作ったらあまりのまずさに半分捨てたとか(笑)。


| | Comments (0)

February 15, 2009

モーツァルト バスティアンとバスティエンヌ

Mozartboxえらいものを買ってしまいました。モーツァルト大全集、CD170枚のセットです。一応新品で1万円強。1枚あたり65円!もちろん安かろう悪かろうではなくいずれも水準の高い演奏ばかりですし中にはコリン・ディビスとバイエルン放送饗のハフナーセレナード、イッセルシュテットとシュターツカペレ・ドレスデンの「イドメネオ」そしてヴァイオリンソナタはアッカルドとブルーノ・カニーノのコンビなどと大物も潜んでいます。あまり持っていないディヴェルティメントや舞曲、行進曲、そして初期のオペラなどを聴きたくて買ったのですがほとんどが新しいデジタル録音で、音の良さと高いレベルの演奏に満足しています。さて、標題はKV50という若い番号でモーツアルト12歳の時に作曲した、若い男女のたわいないお話のジングシュピールですがいきなり「英雄」の主題らしきメロディが出てくるのがちょっとビックリ。ソプラノがダグマール・シェレンベルガー、テノールがラルフ・エシュリッヒ、バスがレーン・ペイプ、マックス・ポンマー指揮のライプツィッヒ放送交響楽団の演奏。ドイツ語の発音がとても明瞭で私でも「Du, mein Bastien?」ははっきり聞き取れました。それにしても歌手も上手いしオケも本当にすばらしい。お時間も41分とお手頃(笑)。ちなみに「フィガロ」などの有名どころはクイケンの演奏が多いようです。しかしオペラだけで44枚もあります。先は長いぜsign01

| | Comments (6)

February 14, 2009

春の陽気に

Ume90214

ここ2,3日は春のような陽気です。庭の片隅の梅も咲きだしました。ほんの数輪ですがうれしいものです。明け方まで降っていた雨で庭がぬかるんでいるので縁側からパナのコンデジ一眼で望遠撮影しました。200mm近い望遠でも手ブレ補正のおかげで何とか写せるのがいつもながらありがたいnote
この頃よく聴くのはiTunesで買ったヨッフムのブルックナー。CDで持っているドレスデンの演奏よりこちらの方が自然体で好きですね。2番のちょっと演歌風な感じが好きだと言えば真面目なブルックナーファンに叱られるかなcoldsweats01


| | Comments (0)

February 11, 2009

記念日

Shinbun211
今日は建国記念日でお休み。我々夫婦の結婚記念日も祝っていただけるさらにありがたいお休みであります。昨日長男からプレゼントの包みが届き、開けてみると少し小さめの新聞紙のコピーみたいなのが1枚出てきました。奥さんは「これなに?包み紙が混じってたの?」。よくよく見ると結婚した日の新聞(マイクロフィルム版)でした。一応けじめの年なので今日の新聞と一緒に撮影しておきました。おしまいheart01

| | Comments (8)

February 08, 2009

メンデルスゾーン 弦楽五重奏曲1番

アンナー・ビルスマを中心としたラルキブデッリの演奏。ピリオド楽器を使用しているそうですが演奏そのものがとても流麗なので言われないとほとんど判別できません。押し付けがましい演奏は嫌いなんですがこれは素直にいいなと思いました。メンデルスゾーンがいつも明るい曲ばかり書いていたわけではないのでしょうが日曜日の朝聴くのにふさわしい曲ですし演奏も見事の一言です。ちなみにアルキブデッリとは「ガット弦の弓」という意味だとか。
2月というのに昼間は暖かくこのまま春になるんじゃないかと思います。いずれにしてもまだ外をウロウロ出来ないので屋内の写真ばかりです。
Hana0902082


| | Comments (0)

February 07, 2009

ブルックナー 交響曲9番

ヨッフム、ベルリンフィルの演奏。iTunesで買ったもの。例によってカラヤンがお気に入りなんですがヨッフムはさらに油気がぬけてこの最後の交響曲にはふさわしいです。いずれにしてもベルリンフィルがすばらしい。ブルックナーともなれば最近のピカピカのベルリンフィルよりはこの頃のまだ土臭い香りのする音が好きですね。
さて、先週ひどく打った右足の怪我がひどくて結構大変な生活を強いられています。音楽はたくさん聴いているんですが長い記事を書くのが大変なので例によって写真でごまかしますcoldsweats01

Hana02027


| | Comments (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »