« ブルックナー 交響曲9番 | Main | 記念日 »

February 08, 2009

メンデルスゾーン 弦楽五重奏曲1番

アンナー・ビルスマを中心としたラルキブデッリの演奏。ピリオド楽器を使用しているそうですが演奏そのものがとても流麗なので言われないとほとんど判別できません。押し付けがましい演奏は嫌いなんですがこれは素直にいいなと思いました。メンデルスゾーンがいつも明るい曲ばかり書いていたわけではないのでしょうが日曜日の朝聴くのにふさわしい曲ですし演奏も見事の一言です。ちなみにアルキブデッリとは「ガット弦の弓」という意味だとか。
2月というのに昼間は暖かくこのまま春になるんじゃないかと思います。いずれにしてもまだ外をウロウロ出来ないので屋内の写真ばかりです。
Hana0902082


|

« ブルックナー 交響曲9番 | Main | 記念日 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブルックナー 交響曲9番 | Main | 記念日 »