« 水仙咲きました | Main | メンデルスゾーン 弦楽のための交響曲 »

January 10, 2009

シャルパンティエ テ・デウム ニ長調

Charpentier昨年の秋から延々と聴いている60枚組のバッロック全集から。ジャン=クロード・マルゴワールの指揮、ラ・グラン・エキュリー・エ・ラ・シャンブル・デュ・ロワ、の演奏。オケの名前が長すぎるのでコーラス、ソロは省略(笑)。パリでの録音ですがコーラスとソロはイギリス系です。さて、この曲の冒頭の華やかな前奏曲は誰でもご存知だと思います。テレビ番組などでもヨーロッパの宮廷に関することを紹介する時によく使われますし、ヨーロッパ放送連合のsignature tuneなのでEUの人は皆知っているそうです。ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの開始音楽としても使われるそうですが私の録画では確認できませんでした。26分ほどでとても典雅な気持ちにさせてくれました。

|

« 水仙咲きました | Main | メンデルスゾーン 弦楽のための交響曲 »

古楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/43696495

Listed below are links to weblogs that reference シャルパンティエ テ・デウム ニ長調:

« 水仙咲きました | Main | メンデルスゾーン 弦楽のための交響曲 »