« 京都錦市場 | Main | ハイドン 交響曲92番「オックスフォード」 »

December 14, 2008

トゥオネラの白鳥

Tree_2最近写真の記事ばかりですが毎日ちゃんと音楽は聴いております。まず車の中ではバーンスタイン、VPOのハイドン。久しぶりに取り出したセットですがやはりVPOの魅力にはかなわないなぁと思います。家では例のバロックセットを着々と進行させています。今はやっとグルックの「中国人」。そして昼の休憩時間にはMP3プレーヤーでベルグルンドのシベリウス全集を聴き続けています。「白鳥」はカラヤンの有無を言わせない名演奏もあるのですが、こうやって全集で聴くとベルグルンドとボーンマス交響楽団の演奏も見事だと思います。MP3ですからヘッドフォンで聴いているのですが最後の方で小さく響くハープの低い音が実に不気味でいかにも黄泉の国という雰囲気を醸し出しています。これは家で小さな音で聴いていては分からなかったことで、こういう効果を考えている作曲家の能力に改めて感動しました。
写真は先月から点灯している我が家のマイクロルミナリエxmasです。coldsweats01
シグマのマクロレンズで写すと「エラー」と表示されるのですが写真データを見るとCanonの50mmマクロと出ていました。はは、純正でなくてゴメンネ。

|

« 京都錦市場 | Main | ハイドン 交響曲92番「オックスフォード」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 京都錦市場 | Main | ハイドン 交響曲92番「オックスフォード」 »