« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

November 30, 2008

再び神戸

新しいカメラを持ってまた神戸へ行ってきました。今度はシティループへ乗ってまず異人館へbus
シティループというのは昔の神戸市電を模した循環バスで「レトロバス」とも言われています。三ノ宮、異人館街、新神戸駅、南京町、ハーバーランド、などを市内の主要観光地を循環して1回250円ですが、1日乗り放題チケットは650円できれいなガイドさんまでいるので神戸観光には最適だと思いますよheart
Bus

さて、異人館街で下りたのですがなまじ近道を通ったためか坂の勾配が半端じゃなかったです。足腰弱った身にはちょっとした登山でした(笑)。特に女性はハイヒールはやめたほうがいいです。登りはいいけれど下りはえらい目に合います。
Kobe

ここは「ラインの館」入館は無料でしたが中には震災時の写真なども展示してありました。
Rhein

観光客の会話に中国語も多く聞かれますが私は長く神戸に居たので少しは分かるのです。「那個是奥地利的家」「 極好!」・・・・「あれがオーストリアの家だよ」「ステキ!」。
Wuen
「這裡是丹麦的家」「 好」・・・・「ここがデンマークの家だって」「いいね」。(もちろん全部ウソです)coldsweats01
Denmark

本当は「風見鶏の館」とか「うろこの館」とかたくさんあるのですが急坂に勝てず下りました。また大きな異人館では結婚式が出来るようでこの日は2組見ました。
Wedding

三ノ宮へ戻ると町はもうクリスマス色です。
Hana1
いや、お正月も近いですね。
Hana2

あいにく午後からお天気も悪かったので早々に切り上げて帰りましたが神戸は大好きです。今度は港を攻めようかと思っています。

| | Comments (0)

November 24, 2008

神戸花鳥園

神戸空港から1駅戻り、ポートアイランド南駅で下りるとそこが「花鳥園」です。バラードさんの記事を見て1度行こうと思っていました。園内は天井が高く、とにかく広いので落ち着いて見て歩けます。

Hana1_2

きれいなお花がたくさんぶら下がっているのが面白い。
Hana3m_2

Hana4m_2
上の3つの写真はクリックで大きくなります。

Hana2

ゆっくり花を見たかったのですが1時半から鳥の飛行ショーがあり、神戸空港でお昼を食べてゆっくりしたので時間が無く急いで鳥さんルームへ。
なにやらきれいな鳥がウロウロしています。
Tori1

Tori2

クジャクも鳴れた様子でえさをもらっています。
Tori3

飛行ショーの最初はハリスホークという鷹です。名前はそのまんま「タカ子」。これはおねえさんの手からえさをもらっている瞬間。動きが速いので目線がもらえませんでした。
Tori14

次はふくろうの番ですがきっちり正面を写せました。名前は「もり」。ふくろうの後姿はずんぐりしてて可愛いです。
Tori6

飛行ショーのあとはふれあいタイム。触るのはタダ。手に乗せるのは500円。でも一杯並んでいました。
Tori15

ウソみたいなくちばしのオニオオハシ。すごい勢いで頭の上を飛んで行きますが、エサをあげると平気で腕や肩にとまります。
Tori9

鳥とのふれあい広場なので子供たちは大喜びです。でも個人情報保護のためお顔は残念ながらカット。
Tori10

Tori11

1/3秒なのでぶれてしまったけれどきれいなインコたち。
Tori13

ここはお花の下で食事が出来ます。でも飲食物の持ち込みriceballは禁止。
Hana5

今日は時間が無くて睡蓮の池も見ず、ペンギンpenguinに会えなかったので今度は夏に来ます。

そうそう、実はキャノンのデジ一眼「kissX2」cameraを買ったのでこの日が試し撮りでもありました。結局150枚も写しましたが結果は大満足デスhappy01

| | Comments (4)

November 23, 2008

そして神戸

Miyage1

はい、前川清の歌ではありません。といっても知らない人のほうが多いかも。興味のある方はwebで調べたらyou-tubeでしっかり出てきます。20世紀の名曲ですよ(笑)。

Minato1

土曜日は奥さんと神戸空港に行ってきたんです。
Minato3

三ノ宮からポートライナーで終点が神戸空港です。神戸港の沖合いなのでここから空港の駐車場、神戸港、そして神戸の造船街、山々がよく見えます。
Kuko5

滑走路は1本だけだし、すぐそばを船が通っていささかローカルですね。沖合いずーと南の方角に関西空港があるわけです。というか関西空港と結ぶ高速船があるのも神戸らしいです。
Kuko4

空港のロビーには冒頭の写真のようなしゃれたおみやげが売っていて結構遊べます。
Miyage2

Miyage3

しっかりタイガースグッズも売っていました。
Miyage4

Miyage5

夫婦で神戸に出たのも久しぶりでしたがお天気もよく広々した海と懐かしい山を見られて奥さんもご満悦でした。私はポートライナーの中で聞いたおしゃれな女の子連れのちょっともっちゃりした神戸弁がホント懐かしかったデス。そうそう22日は、いいふーふの日でしたね。実は神戸空港の次は隣の駅の花鳥園に行ったのですがモーレツに写真を写したのでそれはまた明日。


| | Comments (6)

November 16, 2008

プーランク 二台のピアノとオーケストラのための協奏曲

Poulencジョルジュ・プレートルの指揮、パリ音楽院管弦楽団の演奏。今年のニューイヤーでやさしいおじいちゃんのようだった彼はプーランクのスペシャリストだそうでこれは彼がまだ40代の頃に入れた録音です。しかもピアノはプーランク自身と彼の友人のジャック・フェブリエという文句の無い組み合わせで醸し出される音楽はもうおしゃれの一言に尽きます。この他にも「雌鹿」とか「田園協奏曲」とかプーランクの代表作たくさん入って2枚組1000円以下で買える超お徳用CDです。しかし、アンセルメが「あれはサキソフォンです」とけなしたパリ音楽院のヴィブラートのかかりまくったホルンを聴くとホント懐かしいです。

さて、RAWの現像方法が分かったので団地の秋の様子を写してみました。雨模様rainの朝だったのでJPGでの写りは冴えないんですがRAWで色温度とか色調とかあれこれ調整していくとさすがにほぼ見た感じを再現できました。これはすばらしいgood
でも買って1年半たって初めて試した私もアホですねcoldsweats01

Akiiro1116


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2008

モーツァルト 交響曲33番

ベームの指揮、ベルリンフィルの演奏。これはiTunesで全集を購入していたものですが例によってあちこちつまみ聴き程度だったのを久しぶりにじっくりと聴いたものです。モーツアルトも初期の曲はこの後で買ったピノックの全集で聴いているのですが25番以後になるとベームの振幅が大きくしかもオケのしなやかな演奏に分があるように思います。ベルリンフィルってこんなに軽やかだったかな。ベームはシューベルトもそうですが1960年代にベルリンフィルと入れた録音が一番良いように思います。
リビングのテーブルに置いた柿が朝の光でいい色だったので写してみました。一時行方不明だったバナナ君も最近は普通に売っているようです。まあたいていのダイエットブームは1ヶ月で山を越しますので我が家では「無いものは食せず」に徹しています。しかし、バナナや柿で晩酌のビールを飲むのも私くらいでしょうね(笑)。ちなみに朝の納豆とヨーグルトも欠かしたことがありません。
カメラはパナソニックのコンデジ一眼でRAWで写したものですが、この程度の画像ではJPGとさほど変わらないようです。ちょっとピントも甘いですし。^^;
Banana2

| | Comments (0)

November 12, 2008

アストルガ 「スターバト・マーテル」

Photoトーマス・ヘンゲルブロック指揮、フライブルク・バロック・オーケストラ、バルタザール=ノイマン合唱団の演奏。再発売のハルモニア・ムンディのセットから最初の1枚目です。このセットもバッハ、ヴィヴァルディ、クープラン、など著名な作曲家が納められているのですが最初の1枚はいきなりドゥランテ、アストルガ、ペルゴレージときました。まあペルゴレージは馴染んだので恐る恐る聴き始めるとこれがなんともまた美しい!オケもですが透明なソロと合唱のハーモニーがすばらしいんです。HMVの解説によるとこの演奏者の公演はドイツで大変な人気だそうですがよく分かります。ここではアストルガを取り上げましたがもちろんドゥランテの「マニフィカト」もペルゴレージも文句ありません。いや、最初の1枚からこれではこれからどうなるのかな。本当にうれしい悲鳴です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2008

ショスタコヴィチ 交響曲8番

Shosta8ハイティンクの指揮、コンセルトヘボウの演奏。ショスタコヴィチを集めようとしたころのCDだから当時3500円したものですが今は900円くらいで買えるはず。久しぶりに聴いてみて改めてこのコンビのすごさに瞠目した次第です。まずこの曲の激しい響きでも決してどぎつくならないオケの威力に感心。とにかく長い1楽章を聴いていてショスタコヴィチって美しいなと思ったのです。これがベルリンフィルなら圧倒されはしても美しいとは思わないでしょうね。そして取りとめもなくなりそうな大曲を見事にさばいていくハイティンクの腕前。どうとでも振り回せそうなところを押さえて細部をきっちりと浮かび上がらせています。録音も申し分ありません。CDのたすきに書いている「ステレオ誌で10点満点」だから買ったのかもしれない(笑)。オケ、指揮者、録音の3拍子揃った出来すぎと言うほどの名演です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2008

バッハ 「フーガの技法」

Art_of_fugue 9月に買ったバロック全集をポツポツ聴いています。最初は面白そうなものを拾っていたのですが、結局迷うことが多いので真面目に最初のバッハから聴くようにしました。そして6枚目がこの「フーガの技法」です。正直いうとパスしたかった(笑)。ところが2曲目のコントラプンクトゥス2になって突然ピアノ、ベースそしてヴィブラフォンまで鳴り出したではないですか。まさかMJQかジャック・ルーシェの録音ではと一瞬思いましたよ(笑)。改めて演奏者を見るとヘルベルト・ブロイアーの指揮、「ベルリン・バッハ・アカデミー」と記されていて、楽器編成はレコーダー2本、ヴィオラ・ダ・ガンバ2本、オーボエ、クラリネット、ホルン、バスーン、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとオーソドックスな編成にピアノ2台、ヴィブラフォン、そしてコントラバスが入っています。ブロイアーはオルガンで途中に配置されたカノンを演奏していますが、曲によって弦楽四重奏にしたり管楽器を入れたり先ほどのようなジャズ風にしたりと多彩な演奏で最後まで楽しませてくれました。特に最後の中断するフーガにピアノやヴィブラフォンが入るのがとても新鮮な印象を与えてくれます。以前ミュンヒンガーでこの曲を聴いた時は退屈したし、itunesで買ったヴァルヒャにもあるんですが聴くつもりは無かったです。しかしこういう演奏を聴くと単純にバッハっていいなと思います。このセットの他の曲も良い演奏が多く本当に買ってよかった。ジャケット写真は毎度同じものですがマリー・アントワネットだから許してくださいねlovely。「激安」なんて失礼ですよ。
ということで復活したハルモニア・ムンディのセットも買ってしまいしましたgood

最近かなり寒くなったんですが庭にはまだ花があります。
Hana1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2008

角島大橋

Tsunoshima_3先日弧留島のお話をUPした後、この近くの地図を見ていたら角島(つのじま)大橋が近くにあるじゃないですか。自動車のCFにもよく使われている海の向こうの島まで続く美しい橋です。一直線でなく途中の小島を迂回した優美な曲線の橋も美しいけれどエメラルドグリーンの海が最高ですね。山口県にあるらしいということは知っていたのですが西長門にあるとは知りませんでした。うーん、これは何としても行ってみたいです。萩に行けば奥さんの親戚はみんな車を持っているので連れて行ってもらえるしrvcar
いやホント地方ほど車が必要なのでほぼ1人1台状態なんです。さて、この角島を舞台にした「四日間の奇蹟」という映画もあるそうです。写真は下関市の観光HPからお借りしたものです。ちなみにこの橋の通行は無料です。

| | Comments (4)

November 01, 2008

奥様はカメラマン

近くの万博公園でコスモスが満開という情報がありお天気も良いのでsun奥さんがカメラcameraを持って出かけました。私は腰が痛くて残念ながらパスしましたsad
カメラはリコーのカプリオR-1です。3年前に買った400Mpixelですがまだまだ十分使えます。このカメラの良いところは電池の持ちが良いことでバシャバシャ写しても2ヶ月くらい大丈夫です。もちろん充電タイプで経済的ですhappy01
コスモス園は万博公園の西北にあり広い散歩道のそばにはたくさんベンチがありお弁当riceballなど食べてゆっくりできます。
Cosmos9s

Cosmos6s

Cosmos2s

カメラを渡しながら「ええか、太陽に斜めに向いてできるだけ半逆光で写すんやで」などと偉そうに言いましたがまずまずの出来でした。というか「とにかくシャッター押すこと」と言う指示通り60枚くらい写してきたましたが、まあデジタルカメラというのは便利ですね。

Cosmos4s

黄色いコスモスもいいですね。
Cosmos7s


| | Comments (4)

« October 2008 | Main | December 2008 »