« バッハ 「フーガの技法」 | Main | アストルガ 「スターバト・マーテル」 »

November 09, 2008

ショスタコヴィチ 交響曲8番

Shosta8ハイティンクの指揮、コンセルトヘボウの演奏。ショスタコヴィチを集めようとしたころのCDだから当時3500円したものですが今は900円くらいで買えるはず。久しぶりに聴いてみて改めてこのコンビのすごさに瞠目した次第です。まずこの曲の激しい響きでも決してどぎつくならないオケの威力に感心。とにかく長い1楽章を聴いていてショスタコヴィチって美しいなと思ったのです。これがベルリンフィルなら圧倒されはしても美しいとは思わないでしょうね。そして取りとめもなくなりそうな大曲を見事にさばいていくハイティンクの腕前。どうとでも振り回せそうなところを押さえて細部をきっちりと浮かび上がらせています。録音も申し分ありません。CDのたすきに書いている「ステレオ誌で10点満点」だから買ったのかもしれない(笑)。オケ、指揮者、録音の3拍子揃った出来すぎと言うほどの名演です。

|

« バッハ 「フーガの技法」 | Main | アストルガ 「スターバト・マーテル」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/43049722

Listed below are links to weblogs that reference ショスタコヴィチ 交響曲8番:

« バッハ 「フーガの技法」 | Main | アストルガ 「スターバト・マーテル」 »