« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

August 31, 2008

世に棲む日日

Shiba1司馬遼太郎の面白そうな本をアマゾンで見つけて早く手に入れようと土曜日に近くの本屋に行ったんです。しかしお目当ての本がありません。仕方ないのでたくさんある司馬さんの本を手にとって買ったのが「世に棲む日日」。吉田松陰の生涯ですね。奥さんが萩(の近くの山の中)出身なので子供の小さい時は毎年萩に里帰りして、松下村塾も東光寺もいやというほど見たんですが司馬さんならきっと面白いお話しになっているだろうと思ったのが当たりでした。これは、と思うページに付箋をつけていたら1/3も読まないうちにものすごい数の付箋が付きました(笑)。それは主人公や周りの人の言動にも感銘を受けるのですが司馬さんならではの思い入れにも深い共感を得たからです。物語の主人公は吉田松蔭なんですが、彼を今そこに居るかのように生命を吹き込んだ活き活きとした文章力にはただ感服するのみです。音楽に例えるなら彼の短い生涯を1つの主題とした変奏曲いや全部で4巻あるので大交響曲に書き上げたと言ってよいでしょう。それなら「竜馬が行く」は8楽章、「坂の上の雲」はもっと多くてまあワーグナーの楽劇に相当するかもしれません。あ、私はまだ1巻の半分ほど読んだだけです(笑)。ちなみに山口出身の知人は多いのですが司馬さんも書かれているように人なつこく穏健でお話がとても上手です。ちなみに女性はどちらかというと無口ですね。奥さんが実家に電話しても用事が済んだらぱっと切ります。3分以上しゃべったのを聞いたこと無いですよ(笑)。さて、勉学のため江戸へ来て節約をしていた時の松蔭の言葉でもっとも感銘を受けたものを。「武士というものは殿様より知行をもらい百姓どもに養われているものである」(原文のまま)。つまり(みんなの税金で)養われているのであるから公(藩、国)に奉仕しなければならない。だから奉仕するため自分が規律する消極的な徳目は節約である、ということです。このことばを日本のすべての官公庁に張り出すべきですね。

| | Comments (4)

August 30, 2008

涼しいのでベートーベンを

Beethovenej朝夕涼しくなりました。夏の疲れは残っているんですがようやくCDを聴く元気が出てきました。それもずーっと敬遠してきたベートーベンの交響曲です。そしてなぜか2番なんですよ。私はこの曲が好きであの「ジャジャーン」という開始を聴くと結構フレッシュされるんです。で、この間のバーンスタインに続いてまず、ケンペとミュンヘンフィルを聴いたんですが録音のせいかあまりピンと来なかったのが残念。で、やはり格安セットで買ったクリュイタンスを聴くとこれは見事なものでして、1960年頃のベルリンフィルとしてもカラヤンと違ってかなり柔らかな響きでこの曲にピッタリです。そのカラヤンの1970年代の録音も聴いたのですが以外にあっさりとしたもので、というかオケが上手いので淡白に聴こえるのかもしれません。カラヤンもこの曲には思い入れは無いみたいです。で、最後にヨッフムとロンドン饗のを聴いたんですがこれがなかなか良いのです。このヨッフムのセットは他の曲も素晴らしい演奏で私としてはクリュイタンスの次に挙げられますね。ジャケット写真はそのヨッフムのものです。さて、ケンペですがあとで3番を聴いたらこれは雰囲気のある名演でした。録音というか盤質がもう1つなのが惜しいです。それにしても久しぶりのベートーベンでした。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

August 24, 2008

ベートーベンの弦楽四重奏を聴く

Beethovensq最近は更新が1週間に1度のペースになってしまった。この夏の猛暑でバテたのが1番の原因で、その次はある在阪プロ野球球団の連敗でしょうね。で、気がついたのですがどうやらテレビで応援するとそのチームが負けるのです。オリンピックの女子ソフトももう一息というところで打たれるし野球も同様に同点にされました。女子ソフトなんか諦めてテレビを消して次の日の新聞を見たら勝っていました。私は厄病神か(笑)。いや女子ソフトは本当に立派ですがその他の競技でも女子パワーが炸裂しましたね。で、レスリングを見ていて思ったのですが女子って個人の技やタイムを競う競技より格闘技に強いような気がします。対戦相手が明確になれば集中力が半端じゃないようです。私も目の前の対戦相手にならないように気をつけよう(笑)。さて、今日は久しぶりにCDのお話をしようと思ったのですが紙面が尽きてきたようです。最近は買ったままでお蔵になっている箱物を重点的に聴いています。アルバン・ベルクのベートーベンのセットも4年ほど前に買って半分ほど聴いたきりでしたが改めて1枚目から聴きなおしています。夏ばてで乾いた心に初期の曲がとても心地よく染込みます。そしてアルバン・ベルクって素晴らしい団体ですね。こういう定評あるセットは買っておくべきです。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

August 17, 2008

夏休み堪能しました

ここ3,4日ゴロゴロしている間に夏休みも終わりです。何もしなかったけれどよく寝たので良い休息にはなりました。相変わらずあれこれと節操の無い音楽セレクションで過ごしましたが、これまで買ってあまり聴かなかったCDをたくさん聴きました。代表はハイドンのアダム・フィッシャーの交響曲全集。これって全部聴かれた方おられるのでしょうか。まあ人のことはともかく1年ほど前に止まったままの60番の辺りから再開しています。あと結構楽しいのがバーンスタインとNYPのベートーベン。細かいことはともかく聴いているとハッピーな気分になれます。それにしてもほとんどの曲が1日のティクとは厳しいですね。これからも並んでいるだけのCDを聴くことにします。

| | Comments (0)

August 13, 2008

しっかり夏休みデス

Olympic早いものでもう9連休の真ん中です。1年前からの宿題だった廊下の片付けもしたし、今日は次男の運転でお墓参りにも行って一安心。1週間以上ブログの更新をサボっていたんですが今週はゆっくりと音楽を聴くことができました。毎朝9時頃からエアコンを入れて特にオペラをたっぷり聴きました。シノーポリの「リゴレット」アバドの「仮面舞踏会」マゼールの「トスカ」ベームの「トリスタン」その他。オペラ音痴の私には偉そうな事は言えないのですがやはり主役のソプラノとテノールの声で80%が決まりますね。その点では「トスカ」でのドミンゴ(カヴァラドッシ)はステキでした。あとはアバドの演奏が面白そうなので買ったロッシーニの「チェネントレラ」(シンデレラ)はアリアらしいものが無く全編これスキャットかラップに聴こえます(笑)。でも音楽が楽しいのでOK。さて、オリンピックなんですが、柔道で銅メダルだった22歳の女の子がブスッとしていたのが可愛かったです。初オリンピックで金メダルが欲しいなんていい根性しています。重量挙げで6位になった三宅さんも泣くことはないですよ。なんていったって世界の6位なんだから。バドミントンでは影の存在だったスエマエさん(?)の前田さんが相手のシュートをコツコツ拾っていたのが印象的でした。中国1位の選手も根負けしたみたい。写真は期間中の私のバスタオルです。無頓着な次男が私のバスタオルを使ったのでムッとしていたら奥さんがタンスの奥から出してくれました。ガンバレにっぽん!

| | Comments (0)

August 03, 2008

帽子

昨晩、NHKのドラマを見ていたんですが、老いた帽子職人の役を緒形拳が好演して最後まで見入ってしまいました。例によって話が上手くできすぎているきらいはあるんですが上手な役者さんが演じると気にならなくなります。NHKなのでCMが無く、トイレに行っているとお話が進んでいるのがつらかったほどデス(笑)。で、私も帽子で思い出したことがあるんです。まだ息子が小学校くらいの時、奥さんが朝「おとーさん、ヘンな夢見たんよ。山道で帽子をかぶった男の人に出会ったら、”すみません、お水をください”と言うので子供の小さな水筒に少しだけあった水をあげたら”ああ、これで一年分の水を飲んだ”とお礼を言って行ったんよ」と言うのです。昔の人がかぶるような紳士帽だというので気がつきました。「帽子?、一年分?・・・それは親父や!そういえば去年は墓参りに行かなかったな」。私が赤ん坊の時に亡くなった父は知らないのですがアルバムのきちんと帽子をかぶっている写真に記憶があります。もちろんその後慌ててお墓参りに行ってたっぷりお水をかけてきました(笑)。しかし奥さん曰く「なんでおとーさんに出ないで私の夢に出てくるのよ」。ハハ、私のいい加減な性格はご先祖にお見通しです。そういえば来週はお墓参りですね。

| | Comments (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »