« J.S. バッハ:オーボエ協奏曲集 | Main | 帽子 »

July 26, 2008

New Speaker

Dd1eこれでもかというほどの暑い日が続きます。もう朝も10時を過ぎると32度くらいになるのでやむを得ずエアコンを入れます。環境保護に悪いことは重々承知していますがまずは自分の身体の保護が優先です。スンマセン。さて、写真は標題の新しいスピーカーです。D-D1Eというオンキョー製のとても小さなスピーカーですがこれが当たりでした。この部屋は和室なんですがパソコンやコンポを置いていて、私のメインの部屋で音楽が聴けない時(奥様お昼寝タイム)のサブシステムなんです。結構この部屋で特にiTunesやナクソスミュージックを聴くことが多いのですがコンポに付いていた小さなスピーカーでは満足な音が出ません。というかなぜか音がざらつくのです。悩んだ末2万円以下でスペックや評判の良さそうなこれを買ったのですが心配していたドンシャリの音ではなく実にまろやかで机に座って耳から70cm程度のニアフィールドで聴いても快適そのものです。小さな音で聴くのなら今家にあるスピーカーの中で一番ではないかとさえ思っています。オンキョーというメーカーは地味なイメージですがアンプやスピーカーをコツコツ出していてそれも手の届く価格帯が多いのでありがたいです。今はバウムガルトナーのブランデンブルグを聴きながらこの記事を書きました。ステキです。

|

« J.S. バッハ:オーボエ協奏曲集 | Main | 帽子 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

mozart1889さん
寝る部屋にはDVDレコーダーやテレビそしてミニシステムがあり、ここが事実上はメインなんです。DVDの録画を結構いい音で聴くことができます。というか寝ながら聴けるのがサイコーでして(笑)。

Posted by: よし | August 01, 2008 at 06:20 PM

サブ・システムで聴く音楽、エエですねえ。
バウムガルトナーのブランデンブルク協奏曲というのもエエですね。
ボクも寝室にサブのステレオ、欲しいです。
オンキヨーの製品はいいですね。先日購入したUSBオーディオプロセッサは大変良かったんです。改めて、オンキヨーを見直しました。

Posted by: mozart1889 | August 01, 2008 at 09:11 AM

丘さん
このシステムはケンウッドの小型オールインアンプで鳴らしていますが片側30Wの出力があるので十分ですよ。しかし修理は高くつきますね。4万出せばかなり優秀なアンプが帰るのですが・・・

Posted by: よし | July 27, 2008 at 04:41 PM

narkejpさん
実は貴ブログでオンキョーの小型システムの記事を拝見して決めました。最近は磁性材料の進歩のおかげで小さなウーファーでも驚くような音が出ます。普通に部屋で聴くには十分すぎますね。

Posted by: よし | July 27, 2008 at 04:34 PM

えっ、そんな価格でスピーカーが手に入るのですか!
こちら、アンプの修理に4~5万もかかるので困ったものです。
時々、CDプレーヤーからヘッドフォンで聴くことありますが、やはりスピーカーの方が
いいですね。
だから、やはりアンプの修理を頼まなくっちゃ(^。^/)

Posted by: | July 27, 2008 at 02:38 PM

新しいスピーカー、いいですねぇ。当方も、単身赴任アパートで、オンキヨーのミニコンポで鳴らす音楽を、まずは満足して楽しんでいます。物量をふんだんにつぎこんだ大型スピーカーとは、迫力も量感もそれなりに違いがありますが、小型のスピーカーというのも、案外に馬鹿にしたものではありませんね。

Posted by: narkejp | July 27, 2008 at 11:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« J.S. バッハ:オーボエ協奏曲集 | Main | 帽子 »