« モーツァルト ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ K.261 | Main | ベートーヴェン ロマンス第1番 »

June 15, 2008

忙しい週末

Yuri4
色々と自分勝手に忙しい週末でした。まあ今週は仕事もでしたが何せたびたび記事にしているiTunesのダウンロードに神経とお金を使ったのが大きかったです。これはいいな、あれもいいなとはやる気を抑えながらしかしタイムセール販売であることは予測できたのでボチボチ買っていたのですが、今朝見るとほとんどが特売セールの終わりになっていたのであわててガーディナーの「マタイ」などを購入しました。結局今月になって7セットのお買い上げです。しかしどれもさすがの演奏で特にケンプのシューベルトは本当に素晴らしかった。柔らかい極上のタッチで録音も素晴らしく初めてと言っていいくらいシューベルトを堪能しました。アンダのモーツアルト、ピノックのモーツアルトなどもほぼ文句なしです。しかしワーグナー、ヴァルヒやガーディナーのバッハそしてフィッシャー=ディースカウのシューベルト全集はいつになったら聴き終えられるか想像もできません(笑)。

さて、百合が咲き始めたので久しぶりに庭の写真を写しました。白くて大きいのや黄色いの、そしてピンクのも咲いています。毎年のことながらこの季節にふさわしいすっきりとしたたたずまいは惚れ惚れします。

Yuri1

Yuri3


|

« モーツァルト ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ K.261 | Main | ベートーヴェン ロマンス第1番 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Schweizer_Music先生
駆け込みでガーディナーは買いましたが大好きなマルケヴィッチは涙を呑んでパスしました(笑)。確かにクーベリックにはフラっときそうです。そうそうフルニエやフリッチャイも欲しかったです。iTunesから目が離せなくなりました。

Posted by: よし | June 17, 2008 at 08:29 AM

taizoさん
早速のお教えありがとうございます。買うだけであまりiTuneの扱い方が分からないのでとても助かります。

Posted by: よし | June 17, 2008 at 08:17 AM

こんにちは!
私はDLしまくってしまい、アバドの全集すらまだ全部聞いていないのにクーベリックのマーラー全集を買い、カラヤンのブルックナー全集もまだ聞き終えていないというのに、オイゲン・ヨッフムの全集を買い、バーンスタインの自作自演や仰せのガーディナーのバッハやカール・リヒターやマルケヴィッチ、フリッチャイ、ヤナーチェク四重奏団、モニク・アースと節操なく買いまくってしまい、今になってちょっと後悔と、どうやって聞くんだと反省しています。
ケンプのシューベルトやフィッシャー=ディースカウは持っているのでパスしましたが…。
かなり入れ替わってまだ続いているようですが、罪な話ですねぇ…。
勢い余って、ミンツやマイスキーの無伴奏まで手を出してしまいました…。もう止めなくては!

Posted by: Schweizer_Musik | June 16, 2008 at 11:43 PM

時々バラバラになっちゃうんですよね、いじくり回すと。
そんな時は叉いじくり回すんですが
トラック番号とディスク番号でソートかけると戻ります。
あまり理論的で無くすみません、なんせいい加減なB型なもので。(ディスク番号の項目がない時は表示⇒表示オプションで追加すると表示されます。)

Posted by: taizo | June 16, 2008 at 06:37 PM

taizoさん
今までケンプのシューベルトを聴かなかったのを後悔しています。クーベリックのマーラーなら私も手が震えたでしょうねhappy01
今困っているのは、ダウンロードしたファイルをUSBなどにコピーして別のPCでフォルダごとインポートしたら曲の順がバラバラになりますがどうしたらいいのでしょう。

Posted by: よし | June 16, 2008 at 04:41 PM

こんにちは
ケンプのシューベルト、押しつけがましくなく人生を語っていてくれるようでipodに入れてよく聞いてます。

Itunesはほんと疲れてしました。
stopが掛って残念ですが、半分諦めがついて落ち着きました。
でも、今日クーベリックのマーラ見つけてしまいまた。。
これは前から欲しかったので
叉、ポッチとやってしまいました。
まだまだ、安心できません。

Posted by: taizo | June 16, 2008 at 02:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ K.261 | Main | ベートーヴェン ロマンス第1番 »