« Itunesの大攻勢 | Main | 忙しい週末 »

June 12, 2008

モーツァルト ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ K.261

Ptc5186064NML(PTC5186064)から。ユリア・フィッシャーの独奏、クライツベルク指揮、オランダ室内管弦楽団の演奏。8分程度の短い曲ですがモーツアルトの魅力一杯で疲れた時に聴くとホッとします。ユリア・フィッシャーは若くて美しく演奏も達者で私としては何の文句ありません(笑)。いや伴奏のオケも室内オケながら重心の低い安定した見事なサポートです。また、このアルバムの最後に入っている「ロンド 変ロ長調 K.269」は更に短い曲ですがもっと愉悦感があってこちらも楽しめました。

|

« Itunesの大攻勢 | Main | 忙しい週末 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/41508773

Listed below are links to weblogs that reference モーツァルト ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ K.261:

« Itunesの大攻勢 | Main | 忙しい週末 »